~おかげ

説明

 良い結果、良い原因を表す時に使い、対象に感謝の気持ちがある文法としてよく使われる。
 「おかげ」自体は名詞として扱う。
 「君のおかげでこんなにも損をしたよ」というような皮肉にも使うことができる。

 ポイントは3つ。
 ①良い結果
 ②感謝、お礼の気持ち
 ③皮肉の用法あり

 【接続】 名詞+のおかげ
      動詞普通形+おかげ
      い形普通形+おかげ
      な形+な+おかげ
 【意味】 ~が原因で、~だから

 

例文

みなさんのおかげで、私たちは結婚することができました。

私は今ここにこうやって生きていられるのは間違いなく先生のおかげです。

「こんな軽い怪我で済んだのは、あなたのおかげよ」
(状況によって皮肉)

 

備考

 皮肉として使うときは原因を更に強調した「~せいで」と同じ意味となる。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。