~がち

日本語の文法

説明

 動ます形、あるいは一部の名詞に接続してナ形容詞を作る。~する回数が多い、~の傾向があるという意味を表す。一部の名詞とは、病気、曇りなどである。それ以外の名詞には普通接続できない。

 ポイントは3つ。
 ①ずっとそうではないが、そうなることが多く、何度もしている。
 ②良くない意味で使う。
 ③話者が残念であると感じている。

 【接続】 動詞ます形+がち
      名詞+がち
 【意味】 ~する回数が多い、~の傾向がある

 

例文

学校を卒業すると、かつての友達とは疎遠になりがちだ。
     (一旦毕业了,不久和朋友们的关系往往会变得疏远。)

暑いときは冷たいものを食べがちで、よくお腹を壊す。
     (在热的时候常常吃凉的东西会吃坏肚子。)

年を取るとやっぱり病気がちになる。
     (上了年纪以后总容易得病。)

 

備考

 良いことに対しては使えないので、以下のような例文はダメです。

 ×入院してからというもの、体調がみるみる回復しがちだ。
 〇入院してからというもの、体調がみるみる回復してきた。
     (住院以后转眼间就恢复了健康。)

 ×父は最近健康のために運動しがちだ。
 〇父は最近健康のために運動をしている。
     (爸爸最近为了健康经常运动。)

日本語の文法