日本の鶴の折り方で折ってみよう!

教案, 日本語コーナー

鶴を折ってみよう!

必要なもの 正方形の紙、専用の折り紙があればそれが良い。
かかる時間 30分程度
人数 大人数

 鶴の折り方は日本と中国で若干違います。どうやら折り方が最後の方で分岐しているようですね。その違いに着目して、日本の鶴を折ってみるというちょっとした遊びをしてみます。

 折り方のほうは動画から参照。

 
 実際に学生に教えるときは、口で説明すると複雑すぎますので、やはり動画を流しながら視覚的に理解させたほうがいいと思います。

 人数によっては百羽鶴を目標にやってもいいと思います。大きさを統一さえすれば綺麗に作れそうですね。

 盛り上がりはゲームに比べて期待できませんが、日本語学習者の少ない教室の文化交流的な場面で使えそうです。