春節の雰囲気を写真で!

中国での生活

 3日前の2月7日は陰暦の大晦日、8日から春節と、中国では最も大きい祝日でした。今年も中国人観光客が日本で爆買い!なんていうニュースを見ながら「今中国はどんな雰囲気なのかなあ」と想像していたところ、学生から次々「新年快乐!」という連絡が届き、ニュースで報道される活気が私の携帯にも舞い込んできてビックリしてます。その内一人の学生が私に写真をたくさん送ってくれて、今中国がどんな雰囲気なのかを詳しく教えてくれました!

 この写真に写っているのは「春联(chun1 lian2)」というようで、赤い紙を使って縁起の良い言葉や図形をかたどったものだそうです。よく見ると、「福」の文字が裏返しになっていますが、これには理由があり、裏返しにして窓に貼ることで福がやって来るという意味があるみたいです。

 部屋やベランダに赤い提灯を吊るし、街にもたくさんの提灯が吊るされるみたいです。
 多くの写真に映るものは赤色だらけ。赤は中国でよく見る色で、一般的に大好きな色だそうです。

 大晦日にはどの家庭でも餃子を作るとのこと。日本でいう年越しそばにあたる食べ物ですね。中国では水饺(水餃子)、蒸饺(蒸し餃子)の2種類を食べました。どちらも美味しいですよ~ でも日本ではほとんど煎饺(焼き餃子)ですよね。もっと普及してほしいなあと思ってます。

 また、ちょうど大晦日の夜8時に「春节联欢晚会」という番組が放送され、ほとんどの中国人がこれを見るらしいです。歌を歌ったり踊ったりして、年を跨ぐときにカウントダウンをする。ちょうど日本の紅白歌合戦にあたる番組だそうです。

 いつか春節を中国で過ごしてみたいなあなんて思うのですが、お邪魔じゃなければ実際の一般家庭の雰囲気を感じてみたいものです。そのためには学生に協力してもらうしかないかなあなんて思ってます。お邪魔でなければ……

 では、中国の陰暦に則って一言。
 2016年申年、明けましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします。

中国での生活

Posted by そうじ