【N2文法】~まいとする/まいとして

説明

接続

 五段動詞辞書形+まいとする
 一段動詞辞書形+まいとする
 一段動詞ます形+まいとする
 する→するまいとする/しまいとする
 来る→来るまい(くるまい)とする/来まい(こまい)とする
 (動ます形+ますまいとする)
 

意味

 想不…
 为了不…
 不想让…发生而…
 

解説

 否定の目的を表します。「~ないために」と同義です。
 「~まいと/まいとして」の形で多く用いられます。
 書き言葉で用いることが多い硬い表現です。
 

例文

 (1) 親に心配をかけまいとして、我慢しながら今の仕事を続けている。
 (2) 騙されまいとしている人は、夢を見ることができない。
 (3) 彼は私を巻き込むまいと勝手に一人で行動する。
 (4) 傷つけまいとすることが結局相手を傷つける。
 (5) 迷惑かけまいとして必死に気を遣っている。
 (6) チャンスを逃すまいとしていたのにうっかりした。
 (7) 周囲に流されまいとしても流されてしまうものだ。
 (8) 泣くまいとして唇を噛みしめた。

 

備考

「まい」シリーズ 意味
【N2文法】~まい 否定意志/否定推量
【N2文法】~まいとする 否定の目的(~ないために)
【N1文法】~ではあるまいし/でもあるまいし/じゃあるまいし 原因(アドバイス、命令)

 





N2文法, 日本語の文法