【N2文法】~た途端に(とたん)

説明

接続

 動た形+途端(に)
 

意味

 一…就…
 刚…就…
 刹那
 

解説

 前件の動作後すぐに後件が発生したことを表します。過去のことにしか使えません。
 後件は主語の身の回りで発生したこと、つまり主語自身が発見したことだけきます。したがって通常は話者にとって予想外だったことが述べられます。
 後件は良いことでも悪いことでもいいです。
 人称制限があり、二人称は主語になることはできません。
 

例文

 (1) トイレ来た途端腹痛がおさまった。
 (2) 今年は全然雪降らなくて冬っぽくないねーと、昨日話した途端に今日はこれだ。
 (3) 家出た途端雨強まってきた。
 (4) 薬飲んだ途端に治った。
 (5) 彼氏ができた途端、調子に乗り出した。
 (6) 私と付き合えないと分かった途端、それまで優しくしてくれた人たちが冷たくなって離れていく。
 (7) 留年した途端に、家族からは粗大ゴミ扱いを受けている。
 (8) 息子はトイレに入った途端、秒速で出す。

 

備考

 特になし

 





N2文法, 日本語の文法