【N1文法】~なりに/なりの

説明

接続

 動詞普通形+なりに/なりの
 い形容詞基本形+なりに/なりの
 な形容詞語幹+なりに/なりの
 名詞+なりに/なりの
 

意味

 以…(某人)自己的方式
 与…相应的
 与…相符的
 与…相适
 那般
 那样
 有其相应的…
 恰如其分
 

解説

 その人物や性質に相応しい程度や状態であることを表す文型です。
 後件では何らかの成果が述べられますが、その成果は完璧なものではありません。しかしその成果や姿勢に対するプラスの評価を表せるところがこの文型の特徴です。
 

例文

 (1) 自分のペースで、自分なりに楽しみながら続けていきたい。
     (按照自己的步调,以自己的方式一边享受一边继续下去。)
 (2) 今回得た知識について私なりにまとめてみた。
     (关于这次得到的知识,我按照自己的方式试着总结了一下。)
 (3) 弱いなら、弱いなりに頑張らないといけない。
     (如果软弱,那也必须以软弱的方式努力。)
 (4) やる気が無くても、無いなりに生きていける。
     (即使没有干劲,也可以无干劲地活下去。)
 (5) 下手でも下手なりに頑張ってみよう。
     (即使做得不好也要试着努力。)
 (6) 分からない事に対して自分なりに考えて答えを出す。
     (对于不明白的事情,自己考虑后得出答案。)
 (7) 安いのには安いなりの理由があるものだ。
     (便宜是有便宜的理由的。)
 (8) 人生とは何か、私なりの答えに辿り着いた。
     (人生是什么,我找到了自己的答案。)
 (9) 金持ちには金持ちなりの心配事があるものだ。
     (有钱人也有有钱人的担心。)
 (10) 未経験なら未経験なりに試行錯誤してやってみればいい。
     (如果是没有经验的话,用没有经验的方式试一试就可以了。)
 (11) やったことはありませんが、見たことはありますのでそれなりに自信はあります。
     (虽然没有做过,但是因为看过,所以有一定的自信。)
 (12) 彼にそれなりのものをプレゼントしてるし、彼からもそれなりのものを貰いたい。
     (给他送了相应的礼物,也想从他那里得到相应的东西。)

 

備考

「なり」シリーズ 意味
【N1文法】~なり 前件の動作後にすぐに後件が発生
【N1文法】~なり~なり/~なりとも/~なり何なりと 列挙
【N1文法】~なりに/なりの その人物や性質に相応しい程度や状態

 





2020年1月17日N1文法, 日本語の文法