【N1文法】~からある/からする/からの

説明

接続

 数量詞+からある
 数量詞+からする
 数量詞+からの
 

意味

 有…
 值…
 足有…
 竟有…
 多达…
 高达…
 重达…
 

解説

 金額、人数、大きさ、長さ、高さ、重さ、広さ、距離などがおよそその程度であること、あるいはそれ以上であることを表します。「~以上の」とほぼ同じ意味です。
 金額の大きさや価値を表す場合は「からする」、人数を表す場合は「からの」、それ以外の数量を表す場合は「からある」を用います。(※例外も多少あり)

 似た表現に「数量詞+の」や「数量詞+もの」があります。「もの」は数量の多さを強調します。

①30万からするパソコンを買った。(30万以上)
②30万のパソコンを買った。(30万ちょうど)
③30万ものパソコンを買った。(”30万”という金額の高さを強調)

 

例文

 (1) 200万からする車を買った。
 (2) 玉突き事故で20人からの人が怪我を負った。
 (3) 500kmからある距離を車で移動するのは疲れる。
 (4) 連日の大雨で地盤が緩み、5トンからある岩が山から落ちてきた。
 (5) ここの原住民は10mからある樹の上で生活している。
 (6) この辺りは立地条件が良いので、最も安いものでも家賃は10万円からする

 

備考

 似ている文型に「【N3文法】~からなる/からできている」があります。こちらは量を表すのではなく、その構成材料を表すものです。

 





N1文法, 日本語の文法