2019年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A解説

 2019年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A
 A【気流】

(1)日本語の音声

 日本語の音声は、主に破裂音、鼻音、摩擦音、破擦音、接近音、弾き音の6つが用いられます。選択肢4の吸着音は日本語にありませんので、日本人はこれを聞いても日本語の音声として認識(弁別)しません。また、非言語コミュニケーションで用いられる舌打ちなどが吸着音にあたりますが、日本語では舌打ちは言語として扱われません。吸着音はアフリカ諸言語で多く現れるそうです。

 したがって答えは4です。

 参考:母音と子音の分類とIPA表記

 

(2)声門

 選択肢1
 有声音は声帯振動を伴う音のことです。左右の声帯が両側から狭まり、その声帯の間(声門)を肺からの強い呼気が無理やり通過しようとすることで声帯が振動します。この選択肢は正しいです。

 選択肢2
 ささやき声は声帯声門が閉じており、軟骨声門だけが開いている状態で息が漏れるときに出される音のことで、声帯は振動しません。また、呼吸時は声帯が大きく開いている状態なうえに、こちらも声帯は振動しません。この選択肢は誤りです。

 選択肢3
 息を吸う時(呼吸時)は声帯が大きく開いていて声帯は振動していません。この選択肢は誤りです。

 選択肢4
 息もれ音は声門を少し開いた状態で肺からの呼気が通過し、声帯がゆるく振動して発される音のことです。この選択肢は誤りです。

 したがって答えは1です。

 参考:ささやき声 – Wikipedia
 参考:息もれ声 – Wikipedia
 参考:声門(せいもん)とは – コトバンク
 参考:声帯(せいたい)とは – コトバンク

 

(3)日本語の共通語にない調音

 1 両唇破裂音は日本語のパ行やバ行([p][b])です。
 2 歯茎震え音は江戸っ子口調のラ行([r])で用いますが、日本語の共通語ではありません。
 3 硬口蓋接近音は日本語のヤ行([j])です。
 4 声門摩擦音は日本語のハヘホ([h])です。

 したがって答えは2です。

 参考:母音と子音の分類とIPA表記

 

(4)子音と母音の気流に関する違い

 母音と子音の違いについての問題です。

 母音は舌や歯、唇、声門等で気流の流れを妨げることなく発される音のことで、母音の音は口腔内の舌の高さ、舌の前後位置、唇の丸めの有無の三要素によって音が決まります。
 子音は舌や歯、唇、声門等で気流の流れを妨げることで発される音のことで、声帯振動の有無、調音点、調音法の三要素によって音が決まります。

 1 調音して音が発される過程は一瞬なので、妨げる時間を前後させることは困難です。
 2 「どこで妨げるか」は、子音の調音点の違いです。
 3 「どう妨げるか」は、子音の調音法の違いです。
 4 母音は気流を妨げませんが、子音は妨げます。母音と子音の違いです。

 したがって答えは4です。

 参考:母音と子音の分類とIPA表記

 

(5)帯気性

 有気音(帯気音)は口腔内の閉鎖の開放後に息が流れる音のことで、過去にも数回出題されています。有気音といえば中国語と韓国語です。日本語は声帯が振動しているかどうか(有声音と無声音の対立)によって意味が弁別されますが、中国語や韓国語は気音があるかどうか(有気音と無気音)で弁別的な対立をなしています。

 有気音と無気音に関する過去の出題
 ・平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C解説 (11)
 ・平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A解説 (5)
 ・平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題8解説 問3

 過去問ではいずれも中国語と韓国語の帯気性について出題していますが、しかしまさかスペイン語とベトナム語まで出題してくるとは… この出題者はわざと傾向から外れたところから出題しているようで嫌らしいです。

 1 韓国語は有気音と無気音の対立、スペイン語は有声音と無声音の対立
 2 韓国語は有気音と無気音の対立、日本語は有声音と無声音の対立
 3 中国語は有気音と無気音の対立、ベトナム語は有気音と無気音の対立
 4 中国語は有気音と無気音の対立、英語は有声音と無声音の対立

 したがって答えは3です。

 参考:第452回 #私のお気に入り 有気音・無気音 | 翻訳会社インターブックスは中国語翻訳、多言語に対応
 参考:日本人にとって難しいこと(2)頭子音の発音 : 仮想駅待合室





2019年度, 日本語教育能力検定試験 解説