1年生の試験はちょっと趣向を凝らした内容に

日本語教師のお仕事

 1年生後期会話の試験が昨日終わりました。
 いつもは5分ほど口頭試問をして成績をつけるのですが、今回はちょっと工夫を凝らした内容にしてみました。

 試験は1人あたり5分ほどで、大きく2つのパートに分かれます。
 パートⅠは以下のような内容です。

 20個からランダムで選ばれたテーマに沿うものを1分で10個挙げてもらいます。試験内容は試験1週間前に通知しているので、この20個のテーマについてそれぞれ10個あらかじめ準備して暗記しておけば問題ありません。ただし、発音やアクセントが異なると誤答としたので、全問言い切った人は約50人中10名もいませんでした。平均としては7点くらいだと思います。

 

ある国では、男の子だけ欲しがっています。どの世帯も男の子が産まれるまで子供を作り続けました。つまり、女の子が産まれたらもう一人子供を作り、男の子が産まれたらもう子供を作りません。この国の男女比はどうなりますか?

 パートⅡは上記の問題に対する回答とその説明をしてもらうという試験です。
 ここでは暗記してきた単語をただ言うだけではなく、分かりやすいように相手に伝えるような能力が試されます。全ての学生が1:1と答えましたが、そこに行きつくまでの思考過程がみんな違い、その点聞いていて楽しかったです。

 ある学生はこんな図を書いて説明をしました。

 すごく分かりやすくまとめられていると思います。
 長く説明するのではなく、簡潔に分かりやすく伝えることも重要なことですね。

 また、パートⅡの説明をお願いしますと言った途端無言になり、目の前の紙に何やら長々と言葉を書き続けて3分間。それを私に見せて「終わりです。」と言い切る学生もいました。私は念のために「終わりですか?」と聞いたんですが、彼女は「はい」と言ったのでその時点で終わりとしました。その書いた内容が以下です。

 会話の試験だと言っているのに何も言わないのはいかがなものか、非常識ではないかと思うのですが、彼女は依然としてすました顔だったのがまた驚きです。答えが正しいかどうかはともかく、自分の言葉で、せめて読み上げるだけでもしてほしかったかなと思います。

 こんな試験内容でしたが、いろんな学生の考え方に触れられて面白かったです。