平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題11解説

問1 フォーカス・オン・フォーム

 教授法は、大きく3つの言語習得観で分けられます。

 フォーカス・オン・フォームズ(FonFs:Focus on Forms)
 文法に焦点を当てた教授法のこと。教室において、教師が中心となり、文法規則等を最初から手取り足取り正確に教え込む方法をとる。機械的なドリル練習などを多用するが、文法的な正確さを重視しているため、かえって流暢さが身につかないとされている。オーディオリンガル・メソッドや文法訳読法などが代表的。

 フォーカス・オン・ミーニング(FonM:Focus on Meaning)
 意味に焦点を当てた教授法のこと。学習者が中心となって多く聴き、多く読むのが特徴的だが、この時、教師による介入が完全に行われない。意味を重視することによってコミュニカティブに言語習得できるが、流暢さを身につけることはできても、文法的な正確さが身につかないとされている。ナチュラル・アプローチやイマージョン教育などが代表的。

 フォーカス・オン・フォーム(FonF:Focus on Form)
 FonFsの流暢さが身につけられない欠点と、FonMの文法的な正確さが身につけられない欠点を互いに補うために考案された教授法のこと。コミュニケーションの中で文法的な知識を学習していこうという考え方に基づき、教室においてはFonMと同様に学習者が中心となるが、必要があれば教師は介入する。何らかのトピックやテーマを用いることで、文法そのものに焦点を置かずに意味中心とするが、教師によるプロンプトやリキャストでフィードバックを行うことにより、その中で学習者の注意が文法形式に向くような工夫がある。FonFsのように文法説明を始めたり、機械的なドリル練習をすることはなく、最終的には学習者の気付きによって文法知識の習得を促す。

 1 まさにFonFの記述です。
 2 オーディオリンガル・メソッドはFonFsの教授法です。
 3 FonFsの記述です。
 4 教師主導なので、FonFsの記述です。

 したがって答えは1です。

 

問2 フォーカス・オン・フォームズ

 1 「たくさん聞かせる」の部分がFonMの特徴です。
 2 「ストーリーを語らせる」のがFonFの特徴であるトピックやテーマにあたります。
 3 「目標言語で教科学習を行う」のはイマージョン教育の特徴であり、FonMです。
 4 ドリル練習をするのはFonFsの特徴です。

 したがって答えは4です。

 

問3 ディクトグロス

 ディクトグロスとは、4技能を組み合わせて個人学習とピア・ラーニングが行える統合的な学習法のこと。まず文法構造が多少複雑な短めのまとまった文章を数回読み、学習者はそのキーワードを聞き取ってメモし、そのメモをもとに各自元の文章の復元を試みる。次にペアやグループで復元していき、文章を完成させていく過程をとる。

 したがって答えは3です。

 

問4 プロンプト

 明示的フィードバック/明示的訂正とは、学習者に誤用の存在を直接はっきりと示して訂正する方法のこと。

 リキャスト (recast)とは、自然な応答の中でさりげなく訂正する暗示的フィードバックの一種。例えば、学習者の「富士山は美しいでした」という誤用に対して、「そうですか。美しかったですか」と、会話の流れを遮ることなく訂正することなどが挙げられる。

 プロンプト (prompt)とは、学習者に自己修正を促す暗示的フィードバックの一種。例えば、学習者の「富士山は美しいでした」という誤用に対して、「『美しい』はイ形容詞です」と修正を促すことなどが挙げられる。

 1 明示的フィードバック
 2 リキャスト(暗示的フィードバック)
 3 リキャスト(暗示的フィードバック)
 4 プロンプト

 したがって答えは4です。

 

問5 プライミング効果

 プライミング効果 (priming effect)とは、あらかじめ提示された事柄(プライム)により、それに関連する別の事柄(ターゲット)が覚えやすくなったり、思い出しやすくなること。教室においては、あらかじめ教師が手本を見せたり、授業に関連する内容の雑談をしておくなどすることで学習効率を高めることができるとされる。

 選択肢1では、他社が用いた言語形式を聞くことでそれに関する知識が活性化されて、自身の使用頻度が高まっています。典型的なプライミング効果です。
 したがって答えは1です。

 







平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説