平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題10解説

問1 モニターモデル

 モニターモデル (Monitor Model)とは、クラッシェン (S.D.Krashen)によって提唱された第二言語習得理論のこと。習得・学習仮説、自然習得順序仮説、モニター仮説、インプット仮説、情意フィルター仮説の5つの仮説から構成される。

①習得・学習仮説 言語を身につける過程には、幼児が母語を無意識に身につけるような「習得」と、学校などで意識的に学んだ結果の「学習」があるとし、学習によって得られた知識は習得された知識には繋がらないとする仮説。このような学習と習得は別物であるという考え方を、ノン・インターフェイスポジションと呼ぶ。
②自然習得順序仮説
自然順序仮説
目標言語の文法規則はある一定の決まった順序で習得されるとする仮説。その自然な順序は教える順序とは関係ないとされている。
③モニター仮説 「学習」した知識は、発話をする際にチェック・修正するモニターとして働くとされる仮説。学習者が言語の規則に焦点を当てているときに起きるとされている。
④インプット仮説 言語習得は理解可能なインプット「i+1」を通して進むとする仮説。ここでいう「i」とは学習者の現時点での言語能力のことで、「+1」がその現在のレベルから少し高いレベルのことを指している。未習のものであっても、文脈から推測できたりする範囲のインプットを与えると、言語構造な自然に習得されるとする。
⑤情意フィルター仮説 学習者の言語に対する自信、不安、態度などの情意面での要因がフィルターを作り、接触するインプットの量と吸収するインプットの量を左右するという仮説。

 1 間違いです。「学習」した知識は目標言語の理解の際にモニターの役割を果たします。
 2 正しいです。習得・学習仮説では、学習によって得られた知識は習得された知識には繋がらないとしています。
 3 モニターモデルではこのような主張はありません。
 4 間違いです。インプット仮説では、未習のものであっても、文脈から推測できたりする範囲のインプットを与えると、言語構造な自然に習得されるとしています。

 したがって答えは2です。

 

問2 ナチュラル・アプローチ

 上記のモニターモデルに基づく教授法にナチュラル・アプローチがあります。
 ナチュラル・アプローチ (The Natural Approach)とは、1980年代に注目された成人のための外国語教授法で、幼児の母語習得過程を参考にした聴解優先の教授法。クラッシェンのモニターモデルの仮説に基づき、学習者が自然に話し出すまでは発話を強制せず、誤りがあっても不安を抱かせないために直接訂正しないなどの特徴がある。発話が行われるまでの間は聴解練習のみ行われる。

 選択肢1
 ロッドを使うのは、サイレント・ウェイです。
 サイレント・ウェイ (Silent Way)とは、「真の習得はアウェアネス(気づき)なしには起こらない」という立場から、教師はできるだけ沈黙し、学習者自らが規則や体系を発見して学んでいくことを支援する教授法。ロッド、サウンド・カラー・チャート(色付きチャート)などの独自の道具を用いる。

 選択肢2
 ナチュラル・アプローチでは学習者の不安軽減に努めますが、それゆえ学習者が話し出すまで待ち、誤りがあっても不安を抱かせないために直接訂正しません。

 選択肢3
 習慣形成理論に基づく、オーディオリンガル・メソッドの記述です。
 オーディオ・リンガル・メソッド (Audio-Lingal Method)とは、戦後1940年代から1960年代にかけて爆発的に流行した教授法。目標言語の音声を特に重視し、教師が中心となってミムメム練習やパターンプラクティス、ミニマルペア練習などを用いて学習し、それらを無意識に自動的に反射的に使えるようになることを目標とする。フォーカスオンフォームズ(言語形式を重視)の教授法。行動主義心理学を理論的背景とする。オーラル・アプローチ (Oral Approach)とも呼ばれる。

 選択肢4
 「理解可能な言語インプット」の部分が、インプット仮説を指しています。
 インプット仮説とは、言語習得は理解可能なインプット「i+1」を通して進むとする仮説。ここでいう「i」とは学習者の現時点での言語能力のことで、「+1」がその現在のレベルから少し高いレベルのことを指している。未習のものであっても、文脈から推測できたりする範囲のインプットを与えると、言語構造な自然に習得されるとする。モニターモデル (Monitor Model)を構成する仮説の一つ。

 したがって答えは4です。

 

問3 社会言語能力

 コミュニケーション能力に関して、ハイムズは、コミュニケーションには正しい言語形式を使用するだけではなく、場面や状況に応じた使い方をすることが必要だと提唱しました。これを伝達能力(コミュニカティブ・コンピテンス)と言います。
 また、カナルは、伝達能力は文法能力、社会言語能力、方略能力、談話能力から成り立っていると主張しました。

談話能力 言語を理解し、構成する能力。会話の始め方、その順序、終わり方などのこと。
方略能力
(ストラテジー能力)
コミュニケーションを円滑に行うための能力。相手の言ったことが分からなかったとき、自分の言ったことがうまく伝わらなかったときの対応の仕方のことで、ジェスチャー、言い換えなどがあてはまる。
社会言語能力
(社会言語学的能力)
場面や状況に応じて適切な表現を使用できる能力。
文法能力 語、文法、音声、表記などを正確に使用できる能力。

 1 社会言語能力
 2 談話能力
 3 文法能力
 4 方略能力

 したがって答えは1です。

 

問4 インフォメーション・ギャップ・タスク

 1 プロセシング・インストラクション/処理指導
 学習者に文法形式を含んだインプットを与えることによって意味理解を集中的に経験させ、インプットからインテイクへと導く指導のこと。

 2 インフォメーション・ギャップ・タスク
 インフォメーション・ギャップを用いたタスクのこと。
 インフォメーションギャップ/情報格差とは、学習者同士の間にある情報の格差のこと。この情報の格差が学習者間のやりとりを促進する。

 3 パラレル・リーディング
 テキストを見ながら音声を聞き、聞こえてくる音声と同じスピードで音読する方法。一方、シャドーイングはテキストを見ずに行う。

 4 サイト・トランスレーション
 学習言語をその語順のまま理解する方法で、通訳者向けのトレーニングとして有名。

 したがって答えは2です。

 

問5 日本語指導が必要な外国人児童生徒等に対する文部科学省の教育施策

 1 JSLカリキュラム開発の基本構想には、継承語の保持に関する記述はありません。
 参考:1 JSLカリキュラム開発の基本構想:文部科学省

 2 国際交流基金では日本語指導者等に対する日本語指導の研修が行われていますが、国際交流基金の管轄は文部科学省ではなく外務省です。
 参考:国際交流基金 – 日本語を教える

 3 正しいです。
 参考:日本語指導が必要な児童生徒を対象とした「特別の教育課程」の編成・実施について(概要)

 4 筆記テストだけではありません。

「DLA」は、<はじめの一歩>(「導入会話」と「語彙力チェック」)と、<話す>
<読む><書く><聴く>の4つの言語技能から構成されています。
 - http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2014/03/20/1345383_3.pdfより引用

 したがって答えは3です。