平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題7解説

問1 ニーズ調査・分析(needs analysis)

 コースデザイン大きく3段階に分けられます。

ニーズ分析
レディネス分析
学習者の学習目的や学習環境などの分析。
シラバス・デザイン ニーズ分析、レディネス分析の結果に基づき、そのコースで学習者に何を教えるのかを検討する段階。
カリキュラム・デザイン コースデザインの段階の一つで、コース実施に必要な事柄の確定をする段階のこと。教材の選定、時間の配分、テスト、評価などを決定する。

 レディネス調査/レディネス分析 (readiness analysis)とは、コースデザインの段階の一つで、学習者の学習条件を調査・分析すること。調査・分析対象は、自分の意思や都合では決められない学習者の母語や母文化、年齢、今までの学習期間、経済的要因、学習環境などの外的条件と、学習者の個人的な条件である学習スタイル、日々の学習時間、現在のレベル、外国語学習経験などの内的条件に分けられる。

 ニーズ調査/ニーズ分析 (needs analysis)とは、コースデザインの段階の一つで、学習者の学習目的や学習環境などを調査・分析すること。

 1 必ずしもアンケート用紙を用いる必要はなく、口頭でのインタビュー形式でも構いません。
 2 学習者がどのような日本語を学びたいのか、そしてどのような日本語を使う必要があるのかを知るため、学習者の周囲についても調査する必要があります。
 3 いかなるレベルの学習者に対しても調査の必要性はあります。
 4 ニーズ調査はコース開始前に行いますが、学習者のニーズは変わる可能性があるため、進捗状況によって以降も行う必要があります。

 したがって答えは2です。

 

問2 レディネス調査・分析(readiness analysis)

 レディネスについては上述の通りです。

 1 経済的要因
 2 外国語学習経験の有無
 3 学習スタイル
 4 どのような場面で日本語を使うかは、ニーズ分析で調査します。

 したがって答えは4です。

 

問3 シラバス

構造シラバス 言語の構造や文型に焦点を当てて構成されたシラバス。オーディオリンガルアプローチやサイレントウェイで用いられる。
機能シラバス 依頼する、慰める、同意する、拒否する、提案するなどの言語の持つ機能に焦点を当てて構成されたシラバス。
場面シラバス 「レストランで注文する」や「スーパーで買い物をする」などの使用場面に焦点を当てて構成されたシラバス。
トピックシラバス
話題シラバス
ニーズ分析などを踏まえ、学習者の興味がある内容や実社会で話題になっている話題を中心に構成されたシラバス。
スキルシラバス
技能シラバス
言語の四技能(読/書/話/聞)の中から、学習者に必要な技能に焦点を当てて構成されたシラバス。
タスクシラバス
課題シラバス
言語を使って何らかの目的を遂行することに焦点を当てて構成されたシラバス。ロールプレイなどがこれにあたる。
概念・機能シラバス 機能シラバスと実際のコミュニケーションの場面を組み合わせて構成されたシラバス。依頼する、慰める、同意する、拒否する、提案するなどの言語の持つ機能を用い、実際にコミュニケーションが行われる場面で目標を達成するような活動を進めていく。

 1 正しいです。
 2 四技能のうち一つに特化して学ぶのは技能シラバスです。
 3 文型の難易度が簡単な順から学習すべきです。
 4 観光で短期間日本に滞在する人に向いているのは場面シラバスやタスクシラバスです。

 したがって答えは1です。

 

問4 カリキュラムデザイン

 カリキュラム・デザインとは、コースデザインの段階の一つで、コース実施に必要な事柄の確定をする段階のこと。教材の選定、時間の配分、テスト、評価などを決定する。

 1 カリキュラムデザインで決定すること
 2 カリキュラムデザインで決定すること
 3 シラバスデザインで決定すること
 4 カリキュラムデザインで決定すること

 したがって答えは3です。

 

問5 適切な教材

 1 カリキュラムデザインで行うべきことです。
 2 学習者のニーズをもとにシラバスを作るため、使いたい教科書にシラバスを合わせるのは順序が逆で、ニーズが満たされなくなります。
 3 正しいです。
 4 生教材はどのレベルでも有効です。

 したがって答えは3です。

 







平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説