会話の予約殺到でスケジュール再編成

日本語教師のお仕事

 ここ2週間で夜の会話の予約がめちゃくちゃ増えています。
 会話は1回あたり1時間を割いているんですが、会話を希望する学生が多くなり過ぎたせいで、私のスケジュールが限界に達しました。

 そこでスケジュールを再度調整することにしました。その際注意しなければならなかったのは全体の公平性。1年生はその能力を考慮して1回30分。2年生以降は1時間とそのままです。学年によって時間の長さを統一しないと不平不満が出るかもしれないので…。

 これで時間に余裕が生まれたので、これからまた来るであろう学生にも対応できるようになりました。

 ちなみに1年生は1週間に26人も予約があります。1年生は全員で50人なので、その半分以上が会話の意欲的ということです。会話は関係を深めるチャンスでもありますから、毎週頑張りたいと思います。