平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A解説

 平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3A
 A【アクセント】

(1)弁別機能と統語機能

 「橋」と「箸」に見られるように、アクセントが異なることで意味を弁別するのがアクセントの弁別機能です。また、「庭には二羽にわとりがいる」に見られるように、アクセントには1語をまとめ、言葉と言葉の切れ目を認識させる統語機能があります。

 したがって答えは2です。

 

(2)超文節的特徴

 超文節的特徴/韻律的特徴 (suprasegmental features)とは、子音や母音などの音素や文に付加される音声特徴の総称。アクセント・イントネーション・リズム・速さ・ポーズ・プロミネンス・強調などを指す。

 
 1 フォルマント
 言葉を発している人の音声のスペクトルを観察すると分かる、時間的に移動している複数のピークのこと。

 2 イントネーション/抑揚 (intonation)
 話すときの声の上がり下がりのこと。感情のこもった「そんなわけないじゃん!」や「本当に!?」などは文頭イントネーションが変わったり、疑問文では文末が上昇調になったりする。

 3 リズム (rhythm)

 強勢や音節、モーラなどが時間的に等間隔で繰り返されることによって生じる律動のこと。強勢リズムと音節リズムに大別される。モーラリズムは音節リズムの下位区分。

種類 説明 言語
強勢リズム
(強勢拍の言語)
強勢のある音節が時間的にほぼ等間隔に繰り返される言語のこと。 英語、ロシア語、ドイツ語など。
音節リズム
(音節拍の言語)
各音節が時間的にほぼ等間隔に現れる言語。 中国語、スペイン語、フランス語など。
モーラリズム
(モーラ伯の言語)
モーラについて等時性をなしている言語。 日本語が代表的。

 ※モーラリズムは音節リズムに含まれます。

 4 ポーズ/間 (pause)
 発話中に出現する、実際には発話されない一呼吸置かれた時間のこと。分かりやすく伝えたり、相手に考えさせる時間を与えたりする機能を持つ。

 したがって答えは1です。

 

(3)強弱アクセント

 1 タイ語 高低アクセント
 2 中国語 高低アクセント
 3 ベトナム語 高低アクセント
 4 ポルトガル語 強弱アクセント

 したがって答えは4です。

 

(4)標準語のアクセント

 選択肢1
 ざっと思い浮かんだ漢語名詞のアクセントを見てみると、「掃除」のように語末から3拍目にアクセント核があるものもありますが、「説明」「建設」「開花」など平板式もかなり多いです。

 選択肢2
 正しいです。

 選択肢3
 「蚊」は平板型ですが、「絵」は頭高型です。1拍名詞のアクセントは2種類あります。

 選択肢4
 「浮ぶ」は平板型、「放つ」は中高型、「帰る」は頭高型で、3拍動詞の辞書形のアクセント型は3種類です。

 したがって答えは2です。

 

(5)日本語の方言

 無アクセントは、東北・関東・九州などに分布しています。
 参考:無アクセント – Wikipedia

 したがって答えは4です。

 





平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説