平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(11)解説

 平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(11)は【複合要素の統語的関係】の問題です。

 複合語の前項要素と後項要素の関係を見ます。

 1 手で書く
 2 砂で遊ぶ
 3 鉄板で焼く
 4 沖で釣る
 5 酒で蒸す

 選択肢4の前項要素は「場所」を表しているのに対し、それ以外は「手段/道具」を表しています。
 したがって答えは4です。

 





平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説