平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(9)解説

 平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(9)は【「なんか」の用法】の問題です。

 「なんか」には、対象に対する蔑視と謙遜、対象をぼやかして曖昧にする用法があります。後者のときは「等」に言い換えられます。

 1 「等」に言い換えられる
 2 「等」に言い換えられる
 3 「等」に言い換えられる
 4 蔑視
 5 「等」に言い換えられる

 したがって答えは4です。

 





平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説