平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(11)解説

 平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(11)は【「こと」の用法】の問題です。

 「ことだ」には接続によって2つの意味があります。
 動辞形と動ない形に接続するときは忠告、進言、アドバイスを表し、感情を表す動詞、い形、な形に接続するときはその感情を強調します。感動、皮肉、驚きなど、様々な感情を強調できます。
 詳しくは「【N2文法】~ことだ」を参照してください。

 1 アドバイス
 2 アドバイス
 3 アドバイス
 4 アドバイス
 5 感情の強調

 したがって答えは5です。