平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題12解説

問1 変異

 1 変異
 変異とは、どの言語や方言にもみられる、発話者の属性や相手との関係、状況によって同じことに対し二つ以上の言い方が存在することです。

 2 新方言
 新方言とは、若い人が方言から取り入れた標準的ではない言い方を使う現象のことです。

 3 外的変化
 不明

 4 二言語使用
 異なる二つの言語を使用できるバイリンガルのことです。

 しがたって答えは1です。

 

問2 省略語

 「ゲームセンター」を「ゲーセン」というような造語法を省略語と言います。
 したがって答えは3です。

 

問3 平板化

 核のないアクセントを(平板式)平板型と呼びます。
 問題文中の「カレシ」や「バイク」が平板型に変わっています。このような現象を平板化と呼びます。

 ちなみにプロミネンス(卓立)とは発話の中の特定の部分を他の部分よりも強調して言うことです。

 したがって答えは4です。

 参考:日本語(標準語)のアクセントの型

 

問4 老年層の言葉の特徴

 1 若者にも使う人がいる
 2 老年層の言葉
 3 老年層の言葉
 4 老年層の言葉

 したがって答えは1です。

 





平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説