【N1文法】~とばかりに

説明

接続

 発話文+とばかりに
 

意味

 像…的样子
 几乎就要…似的
 几乎就要说
 简直就要说
 

解説

 発話文に接続して、そう言うくらいの程度で後項の動作が行われることを表します。
 接続する発話文によっては、「今がチャンスだと思い~する」という意味に変わったりもします。その代表的な慣用表現に「ここぞとばかりに」があります。
 

例文

 (1) 彼の登場で、待ってましたとばかりに大きな拍手が起こった。
     (他刚一登场,就迫不及待地爆发了热烈的掌声。)
 (2) あの人に恋人が居ないことを知り、ここぞとばかりに告白した。
     (得知那个人没有恋人,就迫不及待地告白了。)
 (3) 早く来いとばかりにこちらに向かって大きく手を振っている。
     (朝这边大幅度挥手,示意快点过来)
 (4) お前が悪いとばかりに指を指され怒られた。
     (就因为你的不对被指着骂了。)
 (5) ここだとばかりにスマッシュを放った。
     (好机会来了,所以投了扣球。)
 (6) 今がチャンスだとばかりに攻めかかる。
     (把握现在正是机会,向他们进攻。)
 (7) もう話したくもないとばかりの形相で立ち去っていった。
     (以一副不想说的样子离开了。)
 (8) カッコいいだろうとばかりに腕時計を自慢してくる。
     (炫耀自己的手表看起来很帅。)

 

備考

 似ている文法「~如き/如く/如し(ごとき/ごとく/ごとし)

「ばかり」シリーズ 意味
【N1文法】~んばかりに/んばかりの/んばかりだ 程度
【N1文法】~とばかりに 発話文
【N2文法】~ばかりに 悪い原因
【N2文法】~たいばかりに/~が欲しいばかりに 原因(目的を達成するため)
【N2文法】~てばかりはいられない/てばかりもいられない 現状への不安・焦り
【N2文法】~ばかりか 累加・添加
【N3文法】~ばかりでなくて/ばかりじゃなくて 累加・添加
【N3文法】~ばかりだ 悪い方向への変化/準備完了
【N3文法】~とばかり思っていた 自分の誤解に気付く
【N4文法】~たばかりだ 動作の直後
【N4文法】~ばかり 限定/数量
【N4文法】~ばかりで その他が無い
【N4文法】~てばかり/てばかりいる 動作の繰り返し
【N0文法】~ばかりは 強調
【N0文法】~ばかりの 比喩




N1文法, 日本語の文法