【N1文法】~んばかりに/んばかりの/んばかりだ

説明

接続

 動ない形+んばかりに~(文中)
 動ない形+んばかりの+名詞
 動ない形+んばかりだ(文末)
 

意味

 几乎显出…的样子
 几乎就要…
 眼看就要…
 

解説

 前項では後項の行動の程度を述べます。前項はあくまで程度を表すだけにとどまり、実際に行動が伴っているわけではありません。また、他者や物事の動作、様子、表情、程度などを形容するために用います。自分に対しては使うことができません。
 「する」に接続する場合は、「しんばかり」ではなく、「せんばかり」になります。
 

例文

 (1) 土下座せんばかりに必死に謝ったが許してくれなかった。
     (拼命道歉,却没有原谅我。)
 (2) 今すぐ万引きせんばかりに怪しい動きをしている。
     (眼看就要去偷窃了,所以做出了可疑的动作。)
 (3) 祖母は溢れんばかりの愛情を私に注いでくれた。
     (祖母对我倾注了快要溢出的爱。)
 (4) 彼は今にも吐かんばかりに酩酊している。
     (他醉得就要吐了。)
 (5) 頭が割れんばかりの頭痛に悩んでいる。
     (苦恼的头痛快要裂开了。)
 (6) スピーチが終わると、割れんばかりの拍手が沸き起こった。
     (演讲一结束,响起了雷鸣般的掌声。)
 (7) お前がやったんだろと言わんばかりの視線が降り注ぐ。
     (眼神仿佛在说“是你干的吧”。)
 (8) 今にも泣かんばかりの表情でこっちを見ている。
     (眼看就要哭出来的表情看着这边。)

 

備考

 似ている文法「~如き/如く/如し(ごとき/ごとく/ごとし)

「ばかり」シリーズ 意味
【N1文法】~んばかりに/んばかりの/んばかりだ 程度
【N1文法】~とばかりに 発話文
【N2文法】~ばかりに 悪い原因
【N2文法】~たいばかりに/~が欲しいばかりに 原因(目的を達成するため)
【N2文法】~てばかりはいられない/てばかりもいられない 現状への不安・焦り
【N2文法】~ばかりか 累加・添加
【N3文法】~ばかりでなくて/ばかりじゃなくて 累加・添加
【N3文法】~ばかりだ 悪い方向への変化/準備完了
【N3文法】~とばかり思っていた 自分の誤解に気付く
【N4文法】~たばかりだ 動作の直後
【N4文法】~ばかり 限定/数量
【N4文法】~ばかりで その他が無い
【N4文法】~てばかり/てばかりいる 動作の繰り返し
【N0文法】~ばかりは 強調
【N0文法】~ばかりの 比喩




N1文法, 日本語の文法