平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3E解説

 平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3E
 E【場所を表す格助詞】

(17)格助詞「を」の用法

 格助詞「を」の用法は大きく3つに分けられます。

他動詞の動作の対象 写真を撮る
花を見る。
出発点・起点 もうすぐ家を出ます。
専門学校を卒業する。
通過点・経路 あそこを左に曲がる。
いつもの道を通って出勤する。
楽しい1日を過ごした。

 到達点、着点、期間を表す「を」の用法はありません。

 「はしごを上る」の「を」は、はしごという通過点や経路を表しています。
 したがって答えは3です。

 

(18)「に」と「へ」の違い

 「に」と「へ」を比べ、「へ」にだけ当てはまる条件を見つけます。

 選択肢1
 ◯学校には行かない。
 ◯学校へは行かない。

 選択肢2
 ✕学校にの道
 ◯学校への道

 選択肢3
 ◯雪が雨に変わる
 ◯雪が雨へ変わる

 選択肢4
 ◯南に行く
 ◯南へ行く

 したがって答えは2です。

 

(19)主体の存在場所を表す働き

 1 方向を表す「に」
 2 到着点を表す「に」
 3 到着点を表す「に」
 4 存在する場所を表す「に」

 「空に飛行機雲があります。」「私には妹がいる。」などの「に」が主体の存在場所を表しています。
 したがって答えは4です。

 

(20)動作や出来事が起こる場所を表す働き

 1 動作の場所を表す「で」
 2 動作の場所を表す「で」
 3 数量を表す「で」
 4 動作の場所を表す「で」

 「一人で散歩する」「クラス全員で会議をする」などの「で」が数量を表しています。
 したがって答えは3です。