平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(3)解説

 平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(3)は【母音の無声化】の問題です。

 母音の無声化とは、母音「i」「u」が無声子音に挟まれたとき、あるいは無声子音に「i」「u」がついた音が語末あるいは文末に来たときに、母音「i」「u」の声帯振動が無くなり母音が聞こえにくくなることです。日本語における無声子音は「k」「s」「t」「h」「p」です。ただし、無声化する母音が連続する場合は不明瞭な発音を避けるために無声化しない場合があります。

 以上の条件に当てはめると、1~4では母音の無声化は起きませんが、5の「危機意識(kikiisiki)」は語中の[k][s]と語末の[k]が無声化することになります。

 したがって答えは5です。

 参考:母音の無声化で「です/ます」を綺麗に発音する