平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題13解説

問1 旧日本語能力試験3級

語彙 漢字
4級 800語 100字
3級 1,500語 300字
2級 6,000語 1,000字
1級 10,000語 2,000字

 したがって答えは2です。

 参考:https://www.jlpt.jp/about/pdf/comparison01.pdf

 

問2 「やさしい日本語」に言い換えるルール

 1 『動詞を名詞化したものはわかりにくいので、できるだけ動詞文にしてください』
 2 『可能表現は「れる」「られる」を使わず、「することができる」を使ってください。』
 3 『二重否定の表現は避けてください』
 4 『指示表現の文末は「~しましょう」ではなく、「~してください」とします。』

 したがって答えは2です。

 引用元:「やさしい日本語」にするための12の規則

 

問3 災害時によく使われる語

日本語に不慣れな外国人にとって難しいと思われることばでも、災害時にはよく使われます。そのため、知っておいた方がよいと思われることばはそのまま使い、そのことばの後に<>を使って言いかえを表記してください
 - 「やさしい日本語」にするための12の規則より引用

 これに該当するとして挙げられているのが「消防車」「余震」「避難所」「炊き出し」「津波」です。
 したがって答えは3です。

 

問4 言い換えるだけでは問題解決には不十分な語

「給水」の情報を伝える際、「水みずを もらうこと」と言い換えただけでは、多くの外国人がその状況を思い浮かべることができません。ですから、給水情報を伝えたいときは、受け取ることができる日時や場所、支払いの方法や容器の有無などを付け加えて、具体的に提示してください。
 - 「やさしい日本語」版 災害基礎語彙100より引用

 したがって答えは4です。

 

問5 オノマトペの方言用例集

 オノマトペ (onomatopee)とは、人や動物、自然界の状態や動き、音を文字で表現した語のこと。擬音語・擬声語・擬態語の総称。

 東北方言オノマトペ用例集 | 国立国語研究所でオノマトペの方言用例集が公開されています。
 したがって答えは2です。

 





平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説