平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題2解説

問1 文法の指導

 選択肢1
 ローマ字を使う場合は、ヘボン式と訓令式どちらを使うかを決めます。文法の説明もこのローマ字表記で教えることは一応可能ではあります。ただし弊害もあります。
 日本語の「ち」はヘボン式で「chi」、訓令式で「ti」と表記しますが、これを中国語のピンインとして読むと全く異なる発音になります。「chi」も「ti」も、日本語の「ち」に相当する発音ではありません。ローマ字で表記されたものの読み方は国によって異なりますので、発音や区切り、イントネーションに問題がでてきます。

 選択肢2
 正しいです。

 選択肢3
 直接法とは、媒介語を使わずに目標言語だけを用いて教える教授法のことです。
 教師の発話は全て日本語が用いられますが、文法解説書は母語で書かれたものを使ってもかいません。

 選択肢4
 学習者のニーズに沿った内容を教えるべきで、それを無視して網羅的に教えるのは不適当です。

 したがって答えは4です。

 

問2 初級と中級の学習項目の違い

 選択肢1
 「りんごが落ちる」のように、文中に述語が一つだけある文のことを単文と言い、この単文を2つ以上並列させたものを重文、文中に修飾語・修飾部があるもの(複数の述語によって構成されたもの)を複文と言います。

 選択肢2
 初級では語彙としての意味を持つ内容語に関わる表現が中心ですが、中級では文法的な意味を持つ機能語に関わる表現が多くなります。

 選択肢3
 ヴォイス(態)とは、動詞の形が変化することによって、文の格関係が変わる文法形式のことです。受動態、使役態、使役受動態などがありますが、これらはおよそ中級から扱います。
 アスペクト(相)とは、ある動作や出来事がどの局面にあるかを表す文法形式です。過去形や現在進行形などは初級で学びます。

 選択肢4
 命題とは、その文の客観的な内容の部分のことを指します。
 モダリティとは、その文の命題に対する話し手の主観的な認識や判断を表す部分を指し、ムードとも呼ばれます。
 命題に関する表現は初級で、モダリティに関わる表現は中級から増えてきます。

 したがって答えは4です。

 

問3 文体の違い

 1 性差による文体の違い
 2 普通体と丁寧体の違い
 3 「いらっしゃいます」は「来る」と「いる」の尊敬語です。2つの意味がありますので、「来ます」とはペアになりません。
 4 普通形と簡略形の違い

 したがって答えは3です。

 

問4 プラスの意味とマイナスの意味

 1 「いけない」などのマイナスの表現がきます。
 2 「面白くなる」「難しくなる」など、どちらの表現もきます。
 3 「ばかりに」の後ろには否定的な内容がきます。
 4 「とは言うものの」は逆説表現です。前項がプラスなので、後項には必ずマイナスの表現がきます。

 したがって答えは2です。

 

問5 誤用の訂正

 選択肢1
 「家で猫がいます」のような文法的な正確さに関わる誤用は、初級の段階から訂正すべきです。スピーチの場面で「~とか~とか」を使う場面に応じた適切性に関わる誤用は、中級あたりから現れやすくなる誤用です。

 選択肢2
 「家で猫がいます」のような文法的な正確さに関わる誤用は、なぜ誤用になるのか、どこまでが問題ないのか等の程度的な観点から訂正すべきです。一方、場面に応じた適切性は正しいか正しくないかの二項的な観点から訂正します。

 選択肢3
 この選択肢の意味はよく分からないのですが…
 文頭、文中、文末のどこに誤用があるかどうかに関わらず、誤用であれば全て訂正すべきです。

 選択肢4
 正しいです。

 したがって答えは4です。