平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題1解説

平成26年度, 日本語教育能力検定試験

問1 誤用の訂正

日本で生活は楽しかった
⇒日本で生活するのは楽しかった
⇒日本で生活は楽しかった

 訂正方法は2つ。
 1.「は」の直前に「するの」を挿入する。
 2.格助詞時の後ろに「の」を挿入する。

 これと同じ訂正方法になる誤用を見つけます。

 
 選択肢1
 「この指輪は母から結婚祝いです。」と、一通りの直し方しかありません。

 選択肢2
 「事務所に提出するのが遅くなってしまいました。」
 「事務所への提出が遅くなってしまいました。」

 選択肢3
 「私はハイキングが中止になることを知りませんでした。」
 「私はハイキング中止を知りませんでした。」

 選択肢4
 「会場まで移動するのは時間がかかる。」
 「会場まで移動は時間がかかる。

 したがって答えは答えは4です。

 

問2 人称の誤用

 ※問2の前に、まず問3を解くべきです。

 ある文が以上の2つに訂正されました。
 「私はこの仕事をやめるつもりはありません」
 「私はこの仕事をやめようと思いません」

 問3によると、人称に関する誤りが見られることが分かっています。
 各選択肢のうち、1だけが人称に関する問題があります。「やめようとしません」は他人に使うべき表現で、主語の「私は」と合致していません。よって「私は」を直すか、「やめようとしません」を直すかの2通りありますが、問題文では後者が訂正されているので前者を直す必要はありません。

 したがって答えは1です。

 

問3 人称の誤用②

 1 有生性とは、名詞が指す対象に意志があるかどうかなどの性質のことです。
 2 授受表現や受動態などでは視点が変わりますが、問題文の誤用にはそれらが含まれていません。
 3 「やめようとしません」は自分以外の人に対して用います。人称の誤りが見られます。
 4 「やめる」は他動詞ですので、格助詞「を」を取ります。全て「~をやめる」の形になっているため、他動性に関する誤用ではありません。

 したがって答えは3です。
 

問4 文章・談話における適切性に関わる誤用

 語の選択に関わる誤用とは、言葉の自然な組み合わせであるコロケーション(collocation)を知らないことによって起きる誤用や、本来用いるべき文法を用いなかったために起きる誤用のことです。このような誤用は部分的に不自然ではあるものの、全体としての意味は分かります。

 文章・談話における適切性に関わる誤用とは、ある場面において適切ではない表現を用いたことによる、文体やニュアンスなどに関する誤用です。

 1 否定的な内容に用いられる「ばかり」が不要です。ニュアンスが適切ではありません。
 2 「理解しました」というべきです。語の選択の誤りです。
 3 「落ちて」というべきです。語の選択の誤りです。
 4 「壊れて」というべきです。語の選択の誤りです。

 したがって答えは1です。

 

問5 文章・談話における適切性に関わる誤用②

 1 「なったら」というべきです。語の選択の誤りです。
 2 「や」というべきです。誤りです。文体に関する適切性の誤りです。
 3 「あったが」というべきです。語の選択の誤りです。
 4 「しか」が不要、あるいは文末を否定形にすべきです。語の選択の誤りです。

 したがって答えは2です。