平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題12解説

問1 専門用語

専門用語(せんもんようご)とは、ある特定の職業に従事する者や、ある特定の学問の分野、業界等の間でのみ使用され、通用する言葉・用語群である。
 - 専門用語 – Wikipediaより引用

 1 「熟年」は1980年頃を境に急速に広まった言葉。
 2 科学との混同を避けるために、湯桶読みで「ばけがく」と呼ぶことがある。
 3 医療従事者の間で用いられる専門用語。
 4 倫理崩壊は、モラルハザードを和訳したもの。

 したがって答えは3です。

 

問2 非優先応答

A:あとで暇? どこかに遊びにいこうよ。
B:うん、暇。行こう。どこにいく?
A:この間行ったところ。
B:いいよ。

 隣接ペアとは、お互いにペアとなっている2つの発話のことです。挨拶に対する挨拶、問いに対する返答、誘いや申し出に対する返答が隣接ペアとなります。

 そのうち、誘いに対する「いいよ」「うん」などの期待された返答を優先応答、期待にそぐわない曖昧で否定的な応答を非優先応答といいます。

 1 誘いや申し出から始まっていません。
 2 申し出に対する受諾は優先応答です。
 3 誘いや申し出から始まっていません。
 4 苦情に対する優先応答は謝罪ですが、ここでは弁明しています。これが非優先応答です。

 したがって答えは4です。

 

問3 グライスの会話の公理

 グライスが提唱した会話を円滑に進めるための原理を「協調の公理」と呼び、量の公理、質の公理、関係の公理、様式の公理(様態の公理)の4つ会話の公理からなります。

量の公理 会話するにあたって必要な情報を提供すること。少なすぎても多すぎても良くないとする。
「授業は何時ですか?」に対して「もうすぐです」は情報が少なく、「4時0分0秒です。」は余計な情報が付加されています。
質の公理 自分が真実ではないと知っていることや確信に達していないことについて言わないこと。嘘や皮肉などがこれにあたります。
関係の公理 話題にあがっていることと関係のあることだを話すこと。
様式の公理
様態の公理
不明瞭で曖昧な表現を使わずに簡潔に言うこと。

 1 関係の公理に反する
 2 様式の公理に反する
 3 質の公理に反する
 4 量の公理に反する

 したがって答えは3です。

 

問4 ぼかし表現

 1 「何かない?」のくだけた言い方で、ぼかし表現ではありません。
 2 ぼかし表現です。
 3 対象を軽視する表現としての「なんか」で、ぼかし表現ではありません。
 4 「何か美味しいもの」のくだけた言い方で、ぼかし表現ではありません。

 したがって答えは2です。

 

問5 ポライトネス

 ポライトネス理論とは、会話において両者が心地よくなるよう、あるいは不要な緊張感がないように配慮するなど、人間関係を円滑にしていくための言語活動のことで、人はお互いのフェイスを傷つけないように配慮を行いながらコミュニケーションを行っているとする理論です。ブラウンとレビンソンによって提唱されました。

 フェイスとは、人と人の関わり合いに関する欲求のことです。そのうち共感・理解・好かれたいことを望む欲求をポジティブ・フェイスといい、邪魔されたくない、干渉されたくないという自由を望む欲求をネガティブ・フェイスといいます。フェイスはポライトネス理論の鍵となる概念です。

 
 大学生の間で使われる「キャンパス言葉」は、お互いの距離を縮めようとする意図から使われていると見ることができます。これはポジティブ・フェイス(ポジティブ・ポライトネス)にあたります。

 ヘッジとは、断る際の「それはちょっと…」の「ちょっと」や、「まあそうだけど…」の「けど」などに見られる、発話内容や否定表現を和らげる迂言的表現のことです。ヘッジは相手と距離を取ろうとするネガティブ・フェイス(ネガティブ・ポライトネス)です。

 したがって答えは3です。