平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題4解説

問1 「文」と「発話」の違い

 話し言葉は「発話」、書き言葉は「文」という単位を用います。この理由として不適切なものを見つけます。

 選択肢1
 言いさし表現とは、「お願いがあるんですが。」など文の最後の部分を省略している表現のことです。言いさし表現は文としては不完全ですが、話し言葉で多く用いられ、一つのまとまりとなりえます。

 選択肢2
 ポーズとは、間のことです。話し言葉においてポーズを挟んだり、相手の言葉を繰り返したりするのはよくありますが、これを字にすると「文」として見なしにくくなります。

 選択肢3
 例えば、実際の発話として聞く「本当」はそのイントネーションによって意味が変わります。上昇調は疑問、平調では弁明などを表します。単語一つでそれ以上のことを表現でき、「文」のような単位になります。

 選択肢4
 書き言葉も話し言葉も、文法的に正しいものが使われます。

 したがって答えは4です。

 

問2 隣接ペア

A:あとで暇? どこかに遊びにいこうよ。
B:うん、暇。行こう。どこにいく?
A:この間行ったところ。
B:いいよ。

 隣接ペア (adjacency pair)とは、挨拶に対する挨拶、問いに対する返答、誘いや申し出に対する返答などのお互いにペアとなっている2つの発話のこと。

 上記の会話における隣接ペアは以下。
  1.「あとで暇?」と「うん、暇。」
  2.「どこか遊びにいこうよ。」と「行こう。」
  3.「どこに行く?」「この間行ったところ」

 
 問題文の会話では、問い①に対する返答④、問い②に対する返答③、問い⑥に対する返答⑦の3つが隣接ペアです。
 したがって答えは2です。

 

問3 文と文の接続に関する誤用

 1 「知りません」が「知っていません」になる動詞の活用に関する誤用です。
 2 逆接表現がありません。文と文を適切に繋げられていません。
 3 「少しも~ない」の文型を誤って使用しています。
 4 「多くの」が「多い」になる誤用です。

 したがって答えは2です。

 

問4 談話全体の目的を考えて発話を組み立てる

 この問題は間接発話行為に関係があります。

 間接発話行為とは、相手に何らかの意図を伝える際に、直接的な言い方を避け、間接的な言い方によって意図を伝えようとする発話行為のこと。例えば、小銭を借りるために「小銭貸して」というのではなく、「小銭ある?」と言い方を変えることなどが挙げられる。サール (J.R.Searle)の用語。

 選択肢1
 雨が降っている状況を踏まえて、傘を手渡しています。相手の発話に間接発話行為を感じ取っています。

 選択肢2
 「忙しいですか」に対して「はい」か「いいえ」と答えるだけではなく、相手が何か用があると感じ取り、「何ですか」と聞き返しています。相手の発話に間接発話行為を感じ取っています。

 選択肢3
 「もう昼ご飯を食べましたか」に一緒に食事で行きたいという間接発話行為を感じ取っている様子が見受けられます。

 選択肢4
 問いに対する返答だけで、答えることだけが目的になっています。

 したがって答えは4です。

 

問5 日本語の特質

 高コンテクスト・コミュニケーション/高文脈コミュニケーションとは、実際に言葉として発された内容よりも、言葉にされていないのに相手が理解できる内容のほうが多い話し方のこと。言葉を発した場所や話し手と聞き手の関係、周囲の状況、それまでの言動などの要素の影響を受けて、言葉の意味内容が変わる。

 低コンテクスト・コミュニケーション/低文脈コミュニケーションとは、言葉として発された内容のみが相手に伝わる話し方のこと。

 1 正しいです。
 2 高コンテクスト的特徴を持つ言語では、話された内容よりも話されていない内容に比重が置かれる傾向があります。
 3 話し手が言語化しない部分を聞き手が察する傾向があるのは、高コンテクスト的特徴を持つ言語です。
 4 言語化された部分から、聞き手が話の展開を予測する傾向があるのは、高コンテクスト的特徴を持つ言語です。

 したがって答えは1です。

 





平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説