平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題3解説

問1 名詞修飾表現における内の関係/外の関係

  (1) 私が愛用しているこのギター ⇔ 私はこのギターを愛用している
  (2) 彼女がプレゼントしてくれた手袋 ⇔ 彼女が手袋をプレゼントしてくれた
  (3) 私が愛用しているギターの値段 ⇔ ???
  (4) 彼女がプレゼントしてくれた手袋の色 ⇔ ???

 (1)のように、連体修飾節内の主名詞「私」と修飾節「愛用しているギター」に関係があるものは、格助詞を伴うことで文を作ることができます。このように主名詞と修飾節との間に格関係がある連体修飾節を内の関係といいます。
 一方(3)のように、「私」と「愛用しているギターの値段」は格助詞を伴って文を作ることができません。このように主名詞と修飾節との間に格関係がない連体修飾節を外の関係といいます。

 
 選択肢1
 政府の中途半端な景気対策を批判する声 ⇔ ???

 選択肢2
 留学生のキムさんが昨夜訪れたレストラン ⇔ 留学生のキムさんは昨夜レストランを訪れた。

 選択肢3
 洋子と湘南まで海水浴に行った日曜日 ⇔ 洋子は日曜日、湘南まで海水浴に行った。

 選択肢4
 個人情報流出問題について社長が行った会見 ⇔ 社長は個人情報流出問題について会見を行った。

 1は外の関係、2、3、4は内の関係です。
 したがって答えは1です。

 

問2 「という」が挿入できる場合

 名詞修飾表現の「外の関係」において、名詞句を構成するために「という」が挿入される場合とされない場合があります。

 選択肢1
 【彼女が複数の男と関係を持っているという噂】を耳に挟んだ。
 「という」を挿入するほうが自然

 選択肢2
 ◯【先生の”授業中は静かにしろ”という注意】で学生は静まりかえった。
 「という」を挿入するほうが自然

 選択肢3
 ◯【他人に迷惑をかけてはいけないという考え】があります。
 ✕【他人に迷惑をかけてはいけない考え】があります。
 「という」を挿入したほうが自然

 選択肢4
 ◯【キッチンから母が作るカレーの匂い】がする。
 ✕【キッチンから母が作るカレーという匂い】がする。
 「という」を挿入しないほうが自然

 したがって答えは3です。

 

問3 アスペクト表現

 アスペクト/相 (aspect)とは、述語の後ろに形態素を付加することによって述語が表す事象の完成度を表す文法カテゴリーの一つ。一つの動作が行われる過程では、直前、開始、現在進行、完了、完了直後、完了後の状態など様々な段階が考えられ、その動作がどの段階にあるのかを指し示す。

 1 逆接を表す文法「~たところで
 2 仮定表現の「ところ」
 3 「場面」に言い換えられる。
 4 完了を表す「ところ」

 したがって答えは4です。

 参考:ヴォイス・アスペクト・テンス・モダリティについて - アスペクト/相 (aspect)

 

問4 談話上の効果

 1 語りの視点は「私」で、1つの文にしたことで学生達の様子を強調しています。
 2 正しいです。
 3 主節を客観的に述べる効果はありません。
 4 1つの文にまとめるので、主従関係ははっきりします。

 したがって答えは2です。

 

問5 名詞修飾表現のみで一文を構成する特殊な文体

 1 正しいです。
 2 正しいです。
 3 報道番組の事件の発生を伝える場面では、通常「です/ます体」を使います。
 4 正しいです。ト書きとは、脚本や台本などにおいて俳優が声に出す台詞以外の部分のことです。

 したがって答えは3です。

 





平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説