平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題14解説

 敬語は以下の5つに分類されます。

素材敬語
話題の中の人物への敬意を表すもの
尊敬語 相手側又は第三者の行為・ものごと・状態などについて、その物を立てて述べるもの。
 例)いらっしゃる、おっしゃる、なさる、召し上がる、お使いになる、御利用になる、読まれる、始められる、お導き、御出席、(立てるべき人物からの)御説明、お名前、御住所、(立てるべき人物からの)お手紙、お忙しい、ご立派
謙譲語Ⅰ 自分側から相手側又は第三者に向かう行為・ものごとなどについて、その向かう先の人物を立てて述べるもの。
 例)伺う、申し上げる、お目に掛かる、差し上げる、お届けする、御案内する、(立てるべき人物への)お手紙、御説明
対者敬語
自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対して丁重に述べるもの。
謙譲語Ⅱ
(丁重語)
自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対して丁重に述べるもの。
 例)参る、申す、いたす、おる、拙著、小社
丁寧語 話や文章の相手に対して丁寧に述べるもの。
 例)です、ます
敬語に準じるもの 美化語 ものごとを、美化して述べるもの。
 例)お酒、お料理

 

問1 話題の人物

 1 「お・ご~する」は自分から目上の人に対する行為に用いる謙譲語ですので、話し手が謙遜していることを表します。
 2 「お・ご~になる」は目の上の人の行為に対する尊敬語ですので、話題の人物に対する敬意を表します。
 3 話題の人物に対する敬意を表すものは素材敬語です。
 4 話題の人物に対する敬意を表すものは素材敬語です。

 絶対敬語とは、状況や場面によらず、話題の人物が自分より目上の場合は敬語を使うという敬語の使い方のこと。韓国語はこれにあたり、日本でも関西地方の方言に一部見られる。

 相対敬語とは、状況や場面によって尊敬語になったり謙譲語になったりする敬語の使い方のこと。日本語の共通語は相対敬語。

 したがって答えは2です。

 

問2 美化語

 1 相手の行為に対する尊敬語の「ご」
 2 「手紙」を丁寧に述べる美化語の「ご」
 3 相手の行為に対する尊敬語の「お」
 4 自分の行為に対する謙譲語の「ご」

 したがって答えは2です。

 

問3 間接的な表現で配慮を表す

 上司の部下に対する「この書類書き直したほうがいいかもしれないね」
 書き直すべきかどうかは上司(話し手)が決定できることですが、その判断を聞き手(部下)に委ねているかのように述べています。

 したがって答えは3です。

 

問4 含意

 選択肢4は間接発話行為と関係があります。
 間接発話行為とは、相手に何らかの意図を伝える際に、直接的な言い方を避け、間接的な言い方によって意図を伝えようとする発話行為のこと。例えば、小銭を借りるために「小銭貸して」というのではなく、「小銭ある?」と言い方を変えることなどが挙げられる。サール (J.R.Searle)の用語。

 「今何時ですか?」と聞く代わりに「時計お持ちですか」と聞いています。典型的な間接発話行為です。

 したがって答えは4です。

 

問5 聞き手の私的領域に踏み込んだ言及

 敬語であっても、プライベートな話題や目上の人の能力を問うような質問は避けるべきです。

 1 不適切
 2 適切
 3 不適切
 4 不適切

 したがって答えは2です。

 





平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説