平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題3解説

問1 比喩による意味拡張

 意味を拡張する比喩表現は4つに分けられます。

種類 性質 例文
メタファー
(隠喩)
類似するものに喩える。 頭がショートする。
足が棒になる。
メトニミー
(換喩)
隣接関係にあるもので喩える。 隣の部屋がうるさい。
パトカーに捕まった。
シネクドキー
(提喩)
上位概念で下位概念を表す。またはその逆。 お茶でも飲みに行きましょう。
花見に行きましょう。
シミリー
(直喩)
「~のような」「~みたいな」で直接喩える。 バケツを引っくり返したような雨
太陽みたいな人

 
 「筆を執る(筆を持つ)」は、“筆を持つ”という原因によって”書く”という結果を表しています原因と結果の隣接性による比喩(メトニミー)です。原因で結果を表すメトニミーは「ユニフォームを脱ぐ」などがあります。

 1 メタファー 「あげる」と「注ぐ」の隣接性
 2 メタファー 「持つ」と「抱える」の隣接性
 3 比喩ではありません。
 4 メトニミー 「耳を傾ける」という原因によって「聞く」という結果を表しています。

 したがって答えは4です。

 

問2 視点

 1 正しいです。
 2 新情報と旧情報と言えば、「は」と「が」の違いが思い浮かびます。「昔、◯◯という友達いたんだけど、彼とても面白い人だった。」のように、新情報は「が」、旧情報は「は」で表す性質があります。
 3 前者が中立、後者が被害のニュアンスを表しています。
 4 前者は中立的な立場から述べ、後者は直接的な被害(直接受身)を表しています。

 したがって答えは1です。

 

問3 「詫び」の表現形式

 1 過去の出来事に対する詫びには、タ形の「すみませんでした」を使用します。
 2 「我々一同、心よりお詫び申し上げます。」のように、一人称、一人称複数にしか使えません。
 3 目下にも目上にも使うことができます。
 4 公的な立場からの謝罪として使います。

 したがって答えは2です。

 

問4 モダリティ

 モダリティとは、その文の命題に対する話し手の主観的な認識や判断を表す部分を指し、ムードとも呼ばれます。

 選択肢1
 程度副詞とは、「たくさん」や「甚だ」など程度を表す副詞のことです。「実は」は程度副詞でも、副詞でもありません。

 選択肢2
 「てしまう」は望まない状況が起きたことによる後悔や残念な気持ちを表します。

 選択肢3
 「んです/んだ」は、状況や事情を説明するときに使います。

 選択肢4
 終助詞「よ」は「聞き手に言い聞かせる」役割があります。

 したがって答えは2です。

 

問5 様々な言い方とそれらが持つ表現効果

 1 「一緒に食べましょう」より「一緒に食べませんか」のほうが相手に伺い立てているので丁寧さが感じられます。
 2 「できない」と直接言うよりも、「それは難しいです」と言う方が相手に配慮しています。
 3 「私がしましょうか」より「私がしてあげまそうか」のほうが差し出がましい表現です。
 4 「これやってください」は相手の負担になり、「これ食べてください」と美味しいものを差し出せば相手にとって利益になります。

 したがって答えは3です。