平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題2解説

問1 主題

 主語/主格とは、述語が示している動作や作用、属性などの主体となるものです。「は」「が」「も」など。
 主題とは、文の中で話者が特に伝えたいもののことです。「~について言えば」と言えるのが主題になります。「~は」「~なら」「~なんか」など。

主語 主題
母(は) 母(は)
スマホ(は) スマホ(は)
あの笑顔の人(は) あの笑顔(は)
私(が) 課長に(は)

 問題によると、「格成分や名詞句に含まれる要素意外のものでも主題になる」とのことです。

 名詞句とは、文中で名詞や名詞として扱われる句のことです。「山から汲んできた美味しい水を飲んだ」のうち、「山から汲んできた美味しい水」のことを指します。名詞句は「これ」などの代名詞に言い換えることができます。
 ちなみに「山から汲んできた美味しい」は「水」を修飾しているので名詞修飾節と呼ばれます。

 1 主題「母」は名詞(名詞句)です。
 2 主題「スマホ」は名詞(名詞句)です。
 3 主題「あの笑顔」には格助詞が含まれていません。また、代名詞に言い換えて「これは、何かいいことがあったに違いない。」とすると元々の意味と違いますので、「あの笑顔」は名詞句ではないということが分かります。「あの」が代名詞(指示語)だからです。
 4 主題「課長に」は、格助詞「に」が含まれています。

 したがって答えは3です。

 

問2 「は」と「が」の使い分け

 選択肢1
 「象は花が長い」などのはが構文では、単文内で「は」と「が」が共起します。

 選択肢2
 「は」は「私が食べた/私は食べた」のようにガ格の代わりになるだけではなく、「写真を撮った?/写真は撮った?」のように、ヲ格の代わりにもなります。

 選択肢3
 述語が意志動詞か無意志動詞かによって「は」と「が」の出現が決まるということはありません。

 選択肢4
 1つの文に主語と述語が2つずつ含まれる複文は、述語を中心とする主節、主節について補足したりする従属節の2つに分けられます。「私は彼女が作った料理を食べた。」において、「食べた」が主節、「彼女が作った料理」が従属節です。

 従属節には名詞を修飾する連体修飾節や、発言や考えなどを示す引用節などがあります。
 連体修飾節「アイスが食べたくなる季節」では「は」ではなく「が」が用いられ、「私は、彼はやっていないと思う」の引用節「彼はやっていないと」には「は」が用いられています。従属節の種類によって「は」が使えるかどうかが決まっているといえます。

 
 したがって答えは4です。

 

問3 主題を表す形式

 主題とは、文の中で話者が特に伝えたいもののことです。「~について言えば」と言えるのが主題になります。「~は」「~なら」「~なんか」など。

 選択肢1
 「ケーキなら、冷蔵庫に入れておいたよ」の「なら」は先行発話の一部を引き継いで主題を表すときに用います。

 選択肢2
 「あいつなんか知らない」の「なんか」は、主題に対する主観的評価を表すときに用います。軽視や蔑視のニュアンスが含まれています。

 選択肢3
 「私としては、賛成できません」の「としては」は、主題の立場や場合を表すときに用います。言葉を定義する文の主題には「とは」が用いられます。

 選択肢4
 「彼ったら、お金持ちなんだよ」の「ったら」は、主題に対する意外性や蔑視を表すときに用います。

 したがって答えは1です。

 

問4 無助詞化できるものとできないもの

 適当に例文を作って、無助詞化できるかどうか見ます。

格助詞 例文 助詞なし
ト格 ◯彼女と結婚する。 ✕彼女結婚する。
ニ格 ◯友達にあげる。 ✕友達あげる。
ガ格 ◯私が佐藤です。 ◯私佐藤です。
ヲ格 ◯アイスを食べる。 ◯アイス食べる。
デ格 ◯棒で殴る。 ✕棒殴る。
カラ格 ◯家から出発する。 ✕家出発する。

 したがって答えは3です。

 

問5 各言語における主題の表示手段とその用法

 膠着語 (agglutinating language)とは、言語類型論における形態論の特徴に基づいた言語の分類の一種で、実質的な意味を担う語幹に接辞を接続することによって語形変化する言語のこと。「食べる」の語幹「tabe」に屈折接辞「ru」がつくような変化を持つ。トルコ語、ウイグル語、ウズベク語、モンゴル語、日本語、朝鮮語(韓国語)、フィンランド語、人工言語のエスペラントなどがこれに該当する。

 1 強調して発音することで主題になるはずがありません。英語では、主題と主語はほぼ一致します。
 2 その通りです。
 3 スペイン語はごめんなさい。分かりません。
 4 中国語では主題を文頭に置きます。

 したがって答えは2です。

 





平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説