【N2文法】~にしろ/~にしたって/~にせよ/~にしても

説明

接続

 動詞普通形+~にしろ/~にしたって/~にせよ/~にしても
 い形容詞普通形+~にしろ/~にしたって/~にせよ/~にしても
 な形容詞語幹(+である)+~にしろ/~にしたって/~にせよ/~にしても
 名詞(+である)+~にしろ/~にしたって/~にせよ/~にしても
 

意味

 即使…也…
 无论…都…
 

解説

 例外無く物事が成立することを表します。
 「どんなに」「いくら」などが呼応します。
 

例文

 (1) 何にせよまず安全第一である。
     (不管为了什么,安全第一。)
 (2) いくら大好物にせよ、食べ過ぎると飽きる。
     (不管是多喜欢的东西,吃太多就会腻。)
 (3) いずれにしても探し回っている時間はない。
     (总之没有到处找的时间了。)
 (4) 「ありがとう」は言葉にしたって減るものではない。
     (“谢谢”对语言来说都是不可删减的。)
 (5) 子供のしたことにせよ、許されることではない。
     (不管是不是孩子干的,这都是不可原谅的。)
 (6) 相手が年下にしろ、最低限の礼儀は必要だ。
     (尽管对方年纪小,也需要最基本的礼仪。)

 

備考

 関連文法「~にしろ~にしろ/~にせよ~にせよ/~にしても~にしても





N2文法, 日本語の文法