平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅱ 問題6解説

1番

 「作る結果」と言っていますが、ここでは「作った結果」というべきです。
 動詞「作る」のテンス形式に誤りがあります。

 テンス(時制)とは、その動作や出来事が、発話時点と時間的にどのような関係(過去・現在・未来)にあるかという文法的概念です。

 ヴォイス(態)とは、動詞の形が変化することによって、文の格関係が変わる文法形式のことです。「れる/られる」の受動態・可能態、「せる/させる」の使役態、「させられる」の使役受動態などがあります。

 したがって答えはcです。

 

2番

 「聞こえません」というべきところを「聞きません」と言っています。原形は「聞こえる」と「聞く」ですから、動詞の選択を誤っています。
 したがって答えはaです。

 

3番

 「~だ」は名詞の後ろに接続されます。「黄色いだ」は、黄色いと名詞だと思っているために起きている誤用です。
 したがって答えはaです。

 

4番

 「持たないで」が「持たなくて」になっています。これは付帯条件を表す「~ないで」を使えないことによる誤用です。

 付帯条件とは、ある動作をするにあたって、それに付属する何らかの状態や条件のことです。「財布も持たずに出かける」において、「財布も持たず」が「出かける」ときの付帯条件です。

 したがって答えはbです。

 

5番

 「シェークスピアによって描かれました。」というべきです。
 受身文で歴史上の事実や規定事実を客観的に伝えるときの動作主は「によって」を使わなければいけません。
 参考:【N3文法】~によって/によっては/により/による

 したがって答えはdです。

 

6番

 「申します」も「申し上げます」もいずれも自分の動作ですので謙譲語です。更に分類すると、「申す」は謙譲語Ⅱ、「申し上げる」は謙譲語Ⅰです。この2つが混同しています。

 したがって答えはdです。

 

7番

 助詞「を」が「に」になる誤りです。
 「この道を渡って」の「を」は通過点や経路を表します。

 したがって答えはaです。

 

8番

 「書いていただけませんか?」を「お書きになりませんか?」と言う誤りです。依頼するつもりが、勧めの表現になっています。

 したがって答えはbです。