平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題15解説

問1 留学生10万人計画

 「留学生受入れ10万人計画」は、当時のフランス国内の留学生数を目標として計画され、2003年に達成しました。
 その後、2008年に文部科学省によって策定された「留学生30万人計画」は、2020年を目途に留学生30万人受け入れすることを目標としています。

 したがって答えは1です。

 

問2 入国管理政策の変更

 選択肢1
 名前を変えただけで留学生が増えるとは思えません。

 選択肢2
 「留学」の在留期間は「4年3月,4年,3年3月,3年,2年3月,2年,1年3月,1年,6月又は3月」と定められています。5年はありません。ちなみに3月とは3ヶ月の意味です。

 選択肢3
 対象は「大学,短期大学,高等専門学校,高等学校,中学校及び小学校等の学生・生徒」ですが、以前から変わらず、拡大されたわけではないようです。

 選択肢4
 正しいです。

 したがって答えは4です。

 参考:在留資格一覧表 | 入国管理局

 

問3 高度人材獲得

 詳しくは「『留学生30万人計画』の骨子」とりまとめの考え方:文部科学省に載っています。
 答えは3です。

 

問4 国際化拠点整備事業

 選択肢1
 高校生だけではなく、大学生も招聘していたようです。
 参考:アジア人財資金構想(METI/経済産業省)

 選択肢2
 産学連携ではなく、大学間で連携しているようです。
 参考:大学の世界展開力強化事業|日本学術振興会

 選択肢3
 以下のリンク先に、「英語による授業のみで学位が取得できるコースの大幅な増設」とあります。
 参考:グローバル30とは

 選択肢4

アジア諸国等の指導者として活躍が期待される行政官、経済人等の若手指導者を、我が国の大学院等に招へいし、1年程度の短期間で学位を授与する新たな留学プログラムです。
 - ヤング・リーダーズ・プログラム YoungLeaders’Program:文部科学省より引用

 
 したがって答えは3です。

 

問5 日本語パートナーズ

 1 国際化促進インターンシップ - JETRO(日本貿易振興機構)
 2 トビタテ!留学JAPAN - 文部科学省
 3 海外留学支援制度 - JASSO(日本学生支援機構)
 4 日本語パートナーズ - 国際交流基金

 したがって答えは4です。