平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題10解説

問1 処理可能性理論

 処理可能性理論(学習可能性理論)とは、ピーネマンが提唱した仮説で、人は言語処理レベルが単純なものから習得し、複雑なものほど後に習得されるというものです。語は最も単純で習得しやすいですが、句や文になると複雑になるので習得しにくいとされています。

 
 選択肢1
 処理可能性理論の記述ではありません。

 
 選択肢2
 教授可能性理論の記述だと思われます。教授可能性理論もピーネマンによって提唱された処理可能性理論を前提とする仮説です。学習者はたとえ指導を受けたとしても段階を超えて習得することはできないとし、したがって段階を踏んだ指導は学習の効率を高められるとされています。

 
 選択肢3
 有標性差異仮説の記述です。エックマンにより提唱された仮説で、母語と第二言語との間に言語的な特殊な違いがある(有標である)場合は習得困難となり、単純で一般的なものである(無標である)場合は習得しやすいとされています。

 
 選択肢4
 処理可能性理論の記述です。

 
 したがって答えは4です。

 

問2 言語適性

 言語適性とは、外国語を学ぶために必要とされる能力のことです。明確な基準はないようですが、およそ四技能(話す・聞く・読む・書く)を用いて認識・分析する能力のことを指すようです。

 1 柔軟性
 2 聞いたり読んだものを分析
 3 外向性
 4 寛容性

 したがって答えは2です。

 

問3 ビリーフ

 ビリーフとは、直訳すると信念です。どのようにすれば言語を習得できるかという考え方のことを指します。教師のビリーフと学習者のビリーフがあり、両者のビリーフが一致することによって学習にはプラスに働きます。

 たとえば教師は暗記が重要だと思っていても、学習者は会話が重要だと思っていると、お互いのビリーフは異なっているので学習に対してマイナスに働く可能性があります。

 
 1 効率よく学べるかどうかは、その人のビリーフと関係ありません。
 2 ビリーフは経験によって変化します。
 3 学習者のビリーフは、学習方法に当然影響します。
 4 ネイティブと会話したいと思っていても、できない場合もあります。

 したがって答えは1です。

 

問4 適性処遇交互作用

 適性処遇交互作用とは、学習者の適性(特性)と処遇(指導法)には交互作用があり、その2つの組み合わせにより学習効果に差が出るというものです。

 1 誤りです。
 2 誤りです。
 3 適性処遇交互作用の記述です。
 4 誤りです。

 したがって答えは3です。

 

問5 補償ストラテジー

 言語学習ストラテジーとは、学習する際に用いるストラテジーのことです。記憶、認知、補償、メタ認知、情意、社会的の6つに分類されます。なお、目標言語に直接かかわる記憶ストラテジー、認知ストラテジー、補償ストラテジーの3つを直接ストラテジー、言語学習を間接的に支えるメタ認知ストラテジー、情意ストラテジー、社会的ストラテジーの3つを間接ストラテジーと呼びます。

分類 種類 説明
直接 記憶 記憶するために用いられるストラテジーです。知識と知識の知的連鎖を作ったり、語呂合わせなどで音やイメージを結びつけたり、繰り返し復習したり、単語カードを使ったりなどが挙げられます。
認知 理解を深めるために用いられるストラテジーです。メモしたり、線引きしたりなどが挙げられます。
補償 足りない知識を補うために用いるストラテジーです。分からない言葉を文脈から推測したりするのがこれに当たります。
間接 メタ認知 学習者が自らの学習を管理するために用いるストラテジーです。学習のスケジューリングをしたり、目標を決めたりすることが挙げられます。
情意 学習者が自らの感情や態度や動機をコントロールするために用いるストラテジーです。自分を勇気づけたり、音楽を聴いてリラックスしたりすることが挙げられます。
社会的 学習に他者が関わるストラテジーです。質問をしたり、他の人と協力することが挙げられます。

 
 1 社会的ストラテジー
 2 補償ストラテジー
 3 情意ストラテジー
 4 認知ストラテジー

 したがって答えは2です。