平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題7解説

平成27年度, 日本語教育能力検定試験

 この問題は難しいです…。

 

問1 ヨーロッパ言語共通参照枠

 多言語主義とは、社会の中で複数の言語が使われることを認めようとする考え方です。
 多文化主義とは、多言語主義を習慣や衣食などの文化にまで広げた考え方です。

 ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)とは、どの言語にも当てはまる言語能力の測定基準を示したもので、ヨーロッパでの外国語教育で用いられています。CEFRの背景には、複言語主義・複言語主義の考え方があります。

 複言語主義・複言語主義とは、個人がその生活状況によって複数の言語を使い分けることを認めるという考え方です。従来の言語学習の目標は母語レベルにまで達することでしたが、個人にとって必要に応じたレベルに達すればいいとされています。

 したがって答えは4です。

 

問2 JF日本語教育スタンダード

 「JFスタンダードの木」で木の根となるのが言語能力、木の枝として表現されるのが言語活動です。
 詳しい内容は「JFスタンダードとは | JF日本語教育スタンダード」を参照すべきです。

 したがって答えは3です。

 

問3 六つのレベル

 「Can-doの6レベル」
Can-doは、CEFRの言語熟達度の尺度に準じてレベルづけされています。
 
言語熟達度は大きく3段階に分かれます。
 
A:基礎段階の言語使用者(Basic User)
B:自立した言語使用者(Independent User)
C:熟達した言語使用者(Proficient User)

 
A、B、C各段階は2段階に分かれ、全部で6レベル(A1、A2、B1、B2、C1、C2)となります。下の図は、「講演やプレゼンテーションをする」の言語活動のCan-do例です。レベルが上がるにつれて、どのような講演やプレゼンテーションができるようになるかがわかります。
 - Can-doとは | みんなのCan-doサイトより引用

 したがって答えは2です。

 

問4 活動Can-do

活動Can-do 実社会で行う具体的なコミュニケーション言語活動
テクストCan-do ノート取りや要約など、まとめたり言い換えたりする活動
方略Can-do 言語能力を効果的に使って言語活動を行うための方略
能力Can-do 言語活動を行うために必要な言語能力

 1 活動Can-do
 2 テクストCan-do
 3 能力Can-do
 4 能力Can-do

 したがって答えは1です。

 

問5 ポートフォリオ

 JFスタンダードとは | JF日本語教育スタンダードではこのように書かれています。

JFスタンダードでは、CEFRと同じように、生涯学習を重視しています。継続的な学習を支える方法として、ポートフォリオの利用を提案しています。

 これは選択肢4にあたります。
 また、選択肢2、3についてもこのように書かれています。

学習者はポートフォリオの活用を通して、日本語の熟達度の自己評価や、それまでの学習過程や成果の共有ができます。自律的学習能力や学習動機も高めることができます。

 したがって答えは1です。