平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題12解説

問1 ジェンダー

 生物学的な男女の違いを性別(sex)、社会的・文化的な男女の違いをジェンダー(gender)と言います。

 文章中ではジェンダーについて述べられているので、答えは社会文化的です。
 したがって答えは1です。

 

問2 感動詞や終助詞にジェンダーが現れる場合

 感動詞は感動や応答、驚き、注意、勧誘、呼びかけなどを表す言葉のことで、感嘆詞とも呼ばれます。
 終助詞は文や句の末尾について疑問・禁止・感動などの意味を付け加えるもののことです。

 選択肢の感動詞と終助詞に着目して、ジェンダーが現れているものを探します。

 1 「ちょっと」も「よ」も中立的です。
 2 「あ」も「の」も中立的です。「あたし」はジェンダーが現れていますが、感動詞でも終助詞でもありません。
 3 「ええと」も「っけ」も中立的です。
 4 「おい」と「ぞ」にジェンダーが現れています。

 したがって答えは4です。

 

問3 女房詞

 女房詞/女房言葉とは、宮中の女官が使い始めた言葉のことで、語頭に「お」をつけたり、語末に「もじ」をつけたりします。現在でも用いられている言葉もあります。

 1 +ひや
 2 +でん
 3 しゃ+もじ
 4 さじ

 したがって答えは4です。

 

問4 てよだわ言葉

 選択肢1
 てよだわ言葉「てよ」は断定表現として使えません。

 選択肢2
 「これ食べてよ」のような言い方なら軽い命令表現ですが、てよだわ言葉ではありません。

 選択肢3
 雑な例文ですが…
 「気分はどうですか?」-「よくってよ(いいですよ)」
 「昨日はどうでしたか?」-「よくってよ(よかったですよ)」
 のような文で、同じく「てよ」を使っていますが時制が違います。確かに時制の区別なく用いることができるようです。

 選択肢4
 てよだわ言葉の「てよ」は上昇調です。
 「これ食べてよ」の「てよ」は下降調です。

 したがって答えは3です。

 

問5 役割語

 選択肢1
 「ざんす」は江戸時代の遊女特有の表現です。現在では金持ち、上品ぶった人を表す役割語として使われています。スネ夫の母が代表的な例です。

 選択肢2
 「あるよ」はステレオタイプな中国人を表現する際に用いられる役割語です。幕末から明治にかけての外国人居留地で自然発生したピジン日本語に由来するとされています。台湾人のみならず、中国人や西洋人も用いていたようです。

 選択肢3
 「じゃ」は老人を表す役割語として用いられています。起源は江戸時代の上方語と考えられています。

 選択肢4
 「たまえ」はそれなりの強制力を持った相手に対する命令表現で、目上から目下へ使う男言葉です。役割語ではありません。
 参考:【N3文法】~たまえ

 したがって答えは3です。