平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題8解説

問1 Uカーブ仮説

 Uカーブ仮説 (U-curve)/Uカーブ曲線/U字型曲線モデル/U字曲線とは、リスガード (S.Lysgaard)によって提唱された、新しい環境下で起こる人間の心理状態の変化を表した曲線のこと。カルチャーショックを乗り越えて異文化に適応していく過程を、ハネムーン期、不適応期、(回復期)、適応期に分類し、その様子を図示するとU字に見えることからこの名が付けられた。
 詳しくは「【異文化適応過程】Uカーブ仮説とWカーブ仮説」にまとめていますので参考にしてください。

 
 1 短期の旅行者は滞在中に、カーブの山と谷のすべてを経験する。
 短期の旅行が常に楽しいと感じるのは、ハネムーン期しか経験しないからです。よってこの選択肢は間違いです。

 2 カーブは一方向的に適応に向かい、山と谷が繰り返すことはない。
 Uカーブは一般にハネムーン期から不適応期を経て適応へと向かうものとされていますが、不適応期は個人によって長さが異なります。つまり、場合によっては不適応期から脱することができない場合もあるかと思います。推測ではありますが、以上の理由でこの選択肢は間違いだと思います。

 3 カーブの形は、異文化と自文化の違いの大きさによって異なる。
 不適応期は個人によって長さが異なります。異文化と自文化の違いの大きさによっても当然変わり、適応できなければ適応度が低いまま推移し続けることも考えられます。よってこの選択肢は正しいです。

 4 カーブの形は、年齢や性別などの個人的要因には影響を受けない。
 この時期の長さは年齢や性別、性格、経験、異文化と自文化の差などによって変わります。よってこの選択肢は間違いです。

 したがって答えは3です。

 

問2 カルチャーショック

 カルチャーショック (culture shock)とは、異文化の習慣や考え方・常識が自文化と大きくかけ離れているため、心理的ショックを受けたりすること。
 詳しくは「【異文化適応過程】Uカーブ仮説とWカーブ仮説」にまとめていますので参考にしてください。

 
 1 同じ言語文化圏への渡航では、カルチャーショックは起こりにくい。
 同じ言語文化圏だとしてもカルチャーショックが起こることはあります。例えばアメリカ人が、公用語が英語のインドへ渡航するとカルチャーショックは起こるはずです。同じ言語文化圏ではありますが、文化が大きく異なるためです。

 2 適応に支障をきたすため、なるべく経験しないよう避けるのがよい。
 異文化下での生活や習慣に慣れることによって適応期に入ります。なるべく経験しないように避けることは慣れることではないので、逆に適応に支障をきたすと思われます。

 3 不眠や食欲不振などの身体症状は、カルチャーショックに含まれない。
 カルチャーショックの症状は孤独感、不満、疲れ、睡眠時間が長くなる、不眠、ホームシック、その国に対しての嫌悪感、同じ日本人仲間と群がるなど様々です。不眠や食欲不振もカルチャーショックに含まれます。

 4 異文化下でのストレスの蓄積により、徐々に現れることが多い。
 カルチャーショックとは異文化の習慣や考え方・常識が自文化と大きくかけ離れているために起こります。ストレスの蓄積により現れるので、この選択肢は正しいです。

 したがって答えは4です。

 

問3 リエントリー・ショック

 リエントリーショック/逆カルチャーショックとは、適応期を経て帰国した人に訪れる、自国文化への再適応が必要な時期に受けるショックのこと。海外在住歴(適応期)がそれなりに長く、現地での生活に満足していたり、友人に恵まれていた人ほど帰国後の再適応に苦しむとされる。

 1 外国滞在中の自身の経験に、母国の人々が興味を示さないこと
 自身の海外経験に周囲の人が興味を示さないことが予想外だった場合はリエントリー・ショックの一種であると言えます。

 2 外国滞在中に慣れ親しんだ方法が、母国では通用しないこと
 これは分かりやすいリエントリー・ショックの典型的な例です。外国での習慣に慣れた結果、母国の習慣に不満や違和感を持つようになっています。

 3 外国滞在中の自身の価値観の変化に気づいていること
 自身の価値観の変化に気づいていることが、リエントリー・ショックが起きる理由になるとは思えません。逆に起きにくくなるはずです。

 4 外国滞在中に自身の文化を理想化して捉えていたこと
 自文化を理想として見ていると、帰国してその現実に触れたときにリエントリー・ショックが起こる可能性があります。

 したがって答えは3です。

 

問4 コーピング

 1 コーピング (coping)
 ストレス要因や、それがもたらす感情に働きかけて、ストレスを除去したり緩和したりすること。飲みに行ったり、趣味に打ち込んだりすることが挙げられる。

 2 アフォーダンス
 環境が動物に対して与える意味のこと。例えば、取っ手のついたコップを見ると、その取っ手を持つ可能性が存在していることが分かることなどが挙げられる。

 3 フィルタリング
 情報を特定の基準で選別すること。

 4 コンコーダンス
 コーパスから特定の語が含まれている文や前後の文脈などを検索した結果のこと。そのように特定の語を検索できるソフトを、コンコーダンスソフトと呼ぶ。

 したがって答えは1です。

 

問5 ソーシャルサポート

 ソーシャルサポートとは、社会的関係の中でやりとりされる学習者への支援のこと。道具的サポート、情緒的サポート、情報的サポート、評価的サポートに分けられる。

道具的サポート 問題解決のために必要な資源を提供するサポートのこと。
情緒的サポート 勇気づけたり、共感したりして情緒面に働きかけるサポートのこと。
情報的サポート 問題解決のために必要な情報を提供したり、アドバイスをするサポートのこと。
評価的サポート 相手を褒めたり励ましたりなどの肯定的な評価を与えるサポートのこと。

 1 出身国が異なる友人からの支援もソーシャルサポートの一種です。
 2 出身国が同じ友人からの支援もソーシャルサポートの一種です。
 3 上記の4種類に大別されます。
 4 家族からの支援はソーシャルサポートの一種です。

 したがって答えは4です。





平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説