平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(15)解説

 平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(15)は【「ことだ」の用法】の問題です。

 1 忠告、進言、アドバイスの「ことだ」
 2 忠告、進言、アドバイスの「ことだ」
 3 感情を強調する「ことだ」
 4 忠告、進言、アドバイスの「ことだ」
 5 忠告、進言、アドバイスの「ことだ」

 「ことだ」には2つの用法があります。
 1、2、4、5は「~すべき」に言い換えることができますが、3は感情を強調する用法です。
 したがって答えは3です。

 参考:【N2文法】~ことだ