平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(14)解説

 平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(14)は【「によって」の用法】の問題です。

 「によって」には、①根拠、②手段、③原因、④受身(受身文の動作主)、⑤異なる状況で異なる結果の5つの用法があります。
 参考:【N3文法】~によって/によっては/により/による

 1 原因の「によって」
 2 原因の「によって」
 3 原因の「によって」
 4 原因の「によって」
 5 手段の「によって」

 したがって答えは5です。





平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説