スピーチと弁論

 14回目の授業です。
 今回のテーマは「お年寄りと子供、どちらが大事?」です。
 これだけだと漠然とした感じになりますので、あらかじめ「社会的にどちらが大事か」という点を述べておきました。

 【お年寄り派】
 ・老人は指導する役割がある
 ・心は穏やかで、経験も豊かだ
 ・老人には経験に裏付けされた能力がある
 ・老人なしに子はどこから生まれるのか
 ・社会に大きい影響を与えられる
 ・今の子は誰によって育てられたのか、それは老人たちのおかげである
 ・今や社会の重荷となっているが、人々はいずれ老人になるから大切にしなければならない
 ・子は社会的に弱い集団である
 ・伝統的なものは老人たちが継承してきた
 ・国のリーダーに若い人は少ない
 ・老人ホームは家庭の負担を減らす
 ・人は平等であり、老人も重要ではないか
 ・老人がいないと、温かい家庭はない
 ・木で喩えるなら老人は根、子は枝である
 ・統計によると70%以上の人々が老人の重要性を認めている
 ・老人のおかげで今がある

 【子供派】
 ・若者は体が強い
 ・思考は柔軟で、老人は硬い
 ・子は国の希望、そして未来である
 ・高齢化は今や社会の大問題となっている
 ・老人が重要というのであれば、なぜ国は高齢化を解決しようとしているのか
 ・日本では高齢者の票が多く、高齢者のために政治となっている
 ・老人は国の負担である
 ・老人は子を産めない
 ・子供が強くなれば、国も強くなる
 ・子供は社会の規模を表す
 ・現代では老人による迷惑行為が頻発している
 ・国は少子化問題に積極的に取り組んでいる
 ・老人は結局子供の世話になっている
 ・日本では子供は両親によって育てられるが、中国では祖父・祖母によって育てられる。このような状況では、子供は甘やかされて育てられる可能性が高い
 ・老人より子供のほうが重要と言っているだけで、決して軽視しているというわけではない
 ・国が高齢者にかけるお金に対して得られる効果はあまりない
 ・老人たちの知恵は子供へと受け継がれていく
 ・1人当たりのGDPを上げるためには、老人の存在は障害となっている
 ・子供は国のために必要だが、老人は死んでも国に影響はない

 
 今回はテーマがテーマなので極論が目立ちました。
 しかしかなり面白かったです。

 多少喧嘩っぽくなっちゃうのはディベート形式だからでしょう。
 それでも意見をぶつけ合っている様子を見るのは楽しいですね。

 今回は以上です。
 来週はいよいよ最後の授業です。

日本語教師のお仕事

 今年の1年生にはすっごい人がいます。
 それは独学で韓国語を勉強して身につけたという海南省出身の女の子。
 彼女の日本語が上達するスピードは恐ろしく速く、聴解も語彙も他を圧倒してます。

 日本語と韓国語は似ている部分が多いと聞きますので、それが良い影響を与えているのでしょう。

 辞書で単語を調べるときもすごく、なんと韓国語をキーにして日本語を調べていました。
 韓国語を忘れずに、日本語も習得していこうとしているのでしょう。

 ちなみに普段彼女は海南省の方言をめちゃくちゃ話します。
 私はもちろん、他のクラスメートも何言ってるか分かりませんが、今やクラスの太陽みたいな存在として欠かせない人となっています。

 ちなみに12月24日に開かれるクリスマスパーティでは韓国語で歌を披露するそうです!
 必ず見に行きます!

日本語コラム

 先ほどこのサイトを見てくださっている方からご質問がありました。
 「怎么了」「怎么样」「怎么办」の日本語の言い方についてでしたが、改めて見てみると少々複雑というか、混同してしまうかもしれません。
 ということでざっとその違いをまとめて見ましたので、ぜひご参考にしてみてください。

 黄色で書かれた普通形は、通常友達など親しい人に対して使う言葉です。
 で書かれた敬語は主にお店や機内などで聞くことが多いです。
 それ以外の場合は丁寧形を使うことをおすすめします。

 「怎么样」は対象が過去であれば過去形を使う必要があります。
 どうですか? ⇒ どうでしたか?
 これは「です」が「でした」に変化するだけですので、あまり難しくありません。

 「?」がついているものは、語尾が上がって疑問調になります。
 ないものは語尾が上がらず普通に読みます。

 
 とっさに作りましたので、間違いがあれば教えてください。