【第13課】数量詞

 1年生の会話、13回目です。今回は助数詞を勉強します。

 第12課 単語.pdf
 第12課 内容.pdf

 助数詞は中国語では「量词」と言われ、数字の後ろについてそれがどんな種類のものかを示す接尾語です。
 たとえば「本」であれば、木やペンなど細長い物に使います。

 この課では「~つ」「~個」「~回」をメインに授業をします。
 なお教科書に書かれている「十」は「とお」と呼ぶことがありますが、一般の会話ではあまり使われませんので、10以降は10個、11個… と~個として統一しています。

 
 まずは復習。前回は「(どこ)に(何)があります。」を勉強しましたので、これを復習するために授業開始すぐ外へ行きました。
 一人をいろんな場所に立たせ、彼はどこにいますか? 「木の下にいます。」などです。
 車、自転車、寮の下などいろんなところを試します。
 携帯も任意の場所に置いてみます。携帯は物なので「あります」を使います。
 この両者の違いを再び確認しましょう。

 10分~15分程度でまた教室へ戻ってきました。
 ここから今回の内容。

 文法➀「~が(数量)あります/います。
 前回の内容に加えて数量を言う文です。
 ・教室に机はいくつありますか?
 ・教室に何人いますか?
 ・世界の人口、中国の人口、日本の人口など

 ここでは主に「1つ、2つ、3つ…9つ」の言い方を学びます。
 これらはそれぞれ特別なので、一つひとつ確認しながら話させましょう。
 そのために用意したのが、「箱はいくつ?」です。

 

 このような画像を15枚くらい用意しました。
 スクリーンに映して学生に見せ、「箱はいくつありますか?」と聞きます。
 1つから9つまで全部用意していますし、それ以上の個数の写真もあります。

 ちょっと数学チックに個数の言い方を勉強できます。
 結構盛り上がるのでおすすめです!

 続いて文法➁「(時間/お金)かかります。
 「かかる」は時間やお金の消費を表す動詞です。
 会話では「です」に言い換えられますが、本来の言い方を学んでおきましょう。
 ・この学校は1年でいくらかかりますか?
 ・高校は? 中学校は? 小学校は?
 ・昨日の晩ご飯は何食べましたか? いくらかかりましたか?
 ・ここから家まで何時間かかりますか? いくらかかりますか?

 すべて「かかります」「かかりました」を使わせて答えてもらいます。

 最後、文法➂「(時間)に(回数)
 ここでは「1日に3回」のような言い方を学びます。

 まずは分かりやすく1週間の曜日を黒板に書きます。
 月曜日は授業がありますか? ⇒ あります ⇒ 〇
 火曜日は授業がありますか? ⇒ あります ⇒ 〇
 水曜日は授業がありますか? ⇒ あります ⇒ 〇
 木曜日は授業がありますか? ⇒ あります ⇒ 〇
 金曜日は授業がありますか? ⇒ あります ⇒ 〇
 土曜日は授業がありますか? ⇒ あります ⇒ 〇
 日曜日は授業がありますか? ⇒ あります ⇒ ✕
 (結果)授業は1週間に6回あります。

 そのほか
 ・1日に3回ご飯を食べます。
 ・私はバスケが趣味です。1週間に3回します。
 ・家族にどのくらい電話しますか?
 ・(恋人いる人に)1週間に何回会いますか?
 などなど…

 
 これが終わりましたら今回も発表してもらいます。
 テーマは「家族紹介」。
 せっかく数量といますを勉強したので、「私の家族は〇人います/です。」
 そして年齢、身長、趣味なんでもいいですね。趣味ならば「週何回します。」なども使えたりします。

 10分ほど準備してもらった挙句、時間がなくて発表は行えませんでした。
 よって次回授業の冒頭に発表することとします。
 もうちょっとボリュームを減らしてもいいかな…

 しかしながら感触は良かったです。
 以上、13回目の授業でした!

ゲーム「漢字の画数ゲーム」

 昨晩漢字の画数でゲームができるんじゃないかと閃いたんですが、調べてみたら既にありました。
 そう簡単にユニークなものは生まれないですよねー。

 でも一応参考になるかと思いますのでここでも紹介します。

画数ゲーム

 2つ以上のグループに分けます。
 同時に黒板もその数に応じてスペースを分けます。

 「4画の漢字」であれば、それぞれのグループが4画で構成される漢字を黒板に書きだしていきます。
 時間は5分くらいがいいと思います。
 辞書や携帯などは一切禁止です。

 例えば漢字の「口」は本来3画ですが、書きようによっては1画で書くこともできます。
 漢字圏の学生だと本来の書き順を学ばせる必要も薄いので、こういうのは発想の勝利として正解にしてもいいかもしれません。
 そこは教師の判断ということで。

 また重要なことは「日本語の漢字」を使うか、それとも「日中の漢字」を使うかをあらかじめ決めておくこと。
 日本語学習ですから中国語の漢字での回答は控えたいところです。

 時間が来たら集計。
 たくさん書いたチームが勝ちです。

 
 
 漢字の画数一覧のサイトはこちらです。
 ⇒常用漢字一覧(画数別)

 このゲームは日本語学習の中でも非漢字圏学習者に対して用いられることがあるそうです。
 ですからあまり難しくない小学校一、二年生レベルの漢字でやったりするようなんですが、中国には漢字のプロがたくさんいますので、ちょっとくらい難しいのでも問題ないですね。

 見た感じだと5~8画の漢字がそれぞれ100種類ほどので出題には適しているかと思います。
 ですから3画や4画の漢字でルール説明するといいでしょう。
 また部首ゲームと同じく、グループごとに違う画数で出題するのもいいかもしれません。

 試してみてください。

【第23回】「時」と「頃」

 ここ「時」と「頃」の違いについて説明します。
 お互いに時間や期間を表す言葉ですが、その範囲が少し異なります。

時(とき)

 「」はその時間の範囲がかなり限定的です。
 まさしくその時間であることを表します。

 (1)眠い時は寝た方がいい。
 (2)授業の時は静かにしましょう。

 【接続】
 名詞+の+時
 い形容詞+時
 な形用詞+な+時
 動詞普通形+時

 

頃(ころ)

 「」は時間の範囲が比較的広いです。
 漠然とした曖昧な期間、大体そのあたりの時間を表します。

 (3)子供の頃は楽しかったなあ
 (4)桜が咲く頃にまた会いましょう

 【接続】
 名詞+の+頃(ころ)
 い形容詞+頃(ころ)
 な形容詞+な+頃(ころ)
 動詞普通形+頃(ころ)

 

比較

 (5)学生の頃
 (6)学生の時
 これらは同じ意味として扱います。

 (7)父が亡くなった、私は病院にいました。
 この「時」は父が亡くなった「瞬間」を指しています。

 (8)父が亡くなったは母はとても暗かった。
 この「頃」は「父が亡くなってからしばらくの間」を指しています。

 時間が正確に分からないときは「頃」を使うことが多いです。
 (9)あの頃の私はいつも無邪気だった。
 (10)8月頃になると海はどこも人でいっぱいだ。

 

備考

 「頃」が接尾辞のような用法あるいは「名詞+頃」の形になるときは、読みは「ごろ」に変化します。
 (11)8月頃(ごろ)になると海はどこも人でいっぱいだ。
 (12)昭和30年代頃(ごろ)の人々の生活
 (13)金曜日頃(ごろ)にしましょう。

 「この頃」は2つの読み方があり、それぞれ意味が異なります。

 このころ…当時、その時
 (14)私はバブル経済が終わったこの頃(ころ)に生まれた。
 (15)鉄砲は1500年代半ば、この頃(ころ)に日本に伝来した。

 このごろ…最近
 (16)この頃(ごろ)ずっとお腹の調子が悪い。
 (17)寒さが厳しくなってきた今日この頃(ごろ)。