日本語コラム

 「家」は「うち」と「いえ」の2つの読み方があります。
 「うち」はそのまま平仮名で書かれることが多く、通常漢字で「家」を書けば多くの場合「いえ」と読みます。

 読み方によって意味が変わるので注意しましょう。

 

家(うち)

 うちは心理的な意味合いで使います。
 私の家族/私の家庭/私の家などの意味を持ち、英語のhomeやfamilyに相当。
 必ず「私の」の意味が含まれるので、他人に対して「うち」は使えません

  ◯ 私のうちには大きな庭があるよ
  ✕ 君のうちには大きな庭があるの?

 口語寄りの言葉なのでお堅い文章では使わない。

 

家(いえ)

 いえは主に建物としての家を指し物理的な意味合いで使います。これは英語のhouseに相当します。
 こちらは「私の」という意味はありませんから、自分の家でも他人の家でも使うことができます。

  ◯ 私のいえには大きな池があるよ
  ◯ 君のいえには大きな池があるの?

 中立的表現なので口語でも書き言葉でもOK。

 

「うち」と「いえ」の違い

 上の画像の通り「いえ」は「うち」の一部分で、この2つは包含関係が成り立ちます。
 「いえ」は全て「うち」に言い換えることができますが、「うち」は全て「いえ」に言い換えられるとは限りません。

 どちらを使ってもいい場合は、ニュアンスによって使い分けします。
 「うち」は親近感のある言い方で、対象との距離が近い感じがします。
 一方「いえ」は中立的な表現です。自分に対して使うとやや他人行儀な感じがします。

  ◎ うちの猫は1歳になった。 (猫に親近感。)
  ◯ いえの猫は1歳になった。 (中立的。猫に対して無関心かも?)
  ◎ 今度うちに遊びに来てね。
  ◯ 今度いえに遊びにきてね。

 建物自体を指す場合は「うち」が使えないときもあります。
 
  ◯ うちをリフォームした。
  ◯ いえをリフォームした。
  ✕ 父はうちをリフォームする仕事をしている。
  ◯ 父はいえをリフォームする仕事をしている。

 

まとめ

 「うち」は万能! 自分の家庭、家族を表す。
 親近感を表したいときは積極的にこっちを使った方が印象が良い。
 ただし中立で話したいときは「いえ」を使うべきだし、他人の家に対しては使えない。

 「いえ」は用法にちょっと制限あり。
 建物自体を指したり他人に対して使うのならこっち。
 自分の家族を指す場合は距離が遠くなるので注意。

 

日本語コラム

 日本語教師をこれからもやっていくにあたって、一つ不安に思ってることがあります。
 それは防ぎようがないから自分でもどうすればいいのか全く分からないんですね…。

 おそらく一種の海外で働く日本語教師の職業病みたいなものです。

 プログラマーが腱鞘炎になるように、日本語教師にも職業病ってあります!
 私はこの3年で身をもって知りました。

 ①オーバーリアクション気味
  学生と話すときは喜怒哀楽めっちゃはっきり!
  5W1Hを聞いて相手に話させてからリアクションで盛り上げて、やってることはMCのそれ。
  友達と話すときはそうじゃないのに。

 ②言葉を選んじゃう
  単語が難しすぎると分かりやすい言葉へシフトしたり、言葉も長く連ねないで良いところで短く切っていったり。
  これはN2レベルの単語だからー これはN1の文法だからわかるかなー とか話ながらそんなことばっかり考えてます。
  これは学生のためになってない…

 ③どこでも教材を探しちゃう
  テレビ番組とか見てても何か教材として使えないか考えちゃいます。
  そうやってメモしてきたメモ帳は今でも手元にありますが、そのほとんどは封印中。
  やる前に成功しないのが目に見えてても、閃いたときはメモっちゃいます。

 ④母語が分からなくなる。
  日本に帰ってすぐの時は日本語おかしくなってます。単語が思い出せなかったりするのは日常茶飯事。
  skypeで話してても友達からよく指摘されるんですけどどうしようもないですこればかりは。
  でも津軽弁はなぜか忘れないんですよね~ 不思議。

  これともう一つ、結構深刻なこと。
  中国語が多少分かっている”せいで“学生の変な日本語が分かってしまうこと。
  それは中国語を全く知らない日本人なら絶対に理解できない程度もあります。
  このレベルの誤用を知らず知らずにやり過ごしてしまうのは日本語教師として大問題です。

  そしてそれら全ては自覚していないのもまた問題。
  中国で日本人と全く交流がないがダメなのかな?

 
 日本語を鈍らせないために毎日地元のラジオやyoutubeでニュースを見てます。
 私の日本語が壊れた時、いよいよそこが潮時ですね…。

日本語コラム

 はい、今日はなんと雪が降りました~。
 4月だというのにどういう天気なんでしょ。屋根は真っ白です。

 朋友圈も雪の話題が多いですね。
 と、そんな中こんな言葉を見つけました。

 下雪 下雨 下冰雹

 中国語勉強されてる方だと分かると思うんですけど、この言葉ってすごくリズムがいいと思いませんか?
 頻繁ではないですが、この「2文字・2文字・3文字」のパターンをちらほら見かけます。
 日本語の拍に直せばちょうど「4拍・4拍・5拍」のリズムに相当しますね。

 これを見るたびに思ってたんですけど、たぶん中国人もリズムがいいと思って使っているんじゃないか説
 非常に濃厚だと思います。

 
 私がすぐ思い付いたのは、ドラマSPECの「サトリます!」の人、星慧。
 ちょっとこれ見てみてください!

 サトりん サトイモ スイスイスイ♪
 サトって おサトが サトポッポ♪

 ほら! これ日本人ならリズムよく感じますよね!!!
 拍もちょうど4・4・5になってて完璧です。

 私の頭の中では星慧が
 xiaxue xiayu xiabingbao♪(下雪 下雨 下冰雹♪)
 って言ってちょうど同じリズム刻んでるんですー

 BUMPの「オンリー ロンリー グローリー」とか、なぜか強く印象に残ってる「墾田永年私財法」、ちょっと前に流行ったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」など、これらは全部4・4・5のリズム。(ここ参考)
 
 なんかこれ、面白いですね!!
 ひょっとしたらこのリズムは世界共通…?

 中国の方、もし見てましたら真相を教えてください~