日本語コラム

 ここ「時」と「頃」の違いについて説明します。
 お互いに時間や期間を表す言葉ですが、その範囲が少し異なります。

時(とき)

 「」はその時間の範囲がかなり限定的です。
 まさしくその時間であることを表します。

 (1)眠い時は寝た方がいい。
 (2)授業の時は静かにしましょう。

 【接続】
 名詞+の+時
 い形容詞+時
 な形用詞+な+時
 動詞普通形+時

 

頃(ころ)

 「」は時間の範囲が比較的広いです。
 漠然とした曖昧な期間、大体そのあたりの時間を表します。

 (3)子供の頃は楽しかったなあ
 (4)桜が咲く頃にまた会いましょう

 【接続】
 名詞+の+頃(ころ)
 い形容詞+頃(ころ)
 な形容詞+な+頃(ころ)
 動詞普通形+頃(ころ)

 

比較

 (5)学生の頃
 (6)学生の時
 これらは同じ意味として扱います。

 (7)父が亡くなった、私は病院にいました。
 この「時」は父が亡くなった「瞬間」を指しています。

 (8)父が亡くなったは母はとても暗かった。
 この「頃」は「父が亡くなってからしばらくの間」を指しています。

 時間が正確に分からないときは「頃」を使うことが多いです。
 (9)あの頃の私はいつも無邪気だった。
 (10)8月頃になると海はどこも人でいっぱいだ。

 

備考

 「頃」が接尾辞のような用法あるいは「名詞+頃」の形になるときは、読みは「ごろ」に変化します。
 (11)8月頃(ごろ)になると海はどこも人でいっぱいだ。
 (12)昭和30年代頃(ごろ)の人々の生活
 (13)金曜日頃(ごろ)にしましょう。

 「この頃」は2つの読み方があり、それぞれ意味が異なります。

 このころ…当時、その時
 (14)私はバブル経済が終わったこの頃(ころ)に生まれた。
 (15)鉄砲は1500年代半ば、この頃(ころ)に日本に伝来した。

 このごろ…最近
 (16)この頃(ごろ)ずっとお腹の調子が悪い。
 (17)寒さが厳しくなってきた今日この頃(ごろ)。

 
 

日本語コラム

 学生がよく魚の可食部を「肉」と表現しているところを見かけます。
 これもまた母語の転移ですが、日本語から見ると誤用です。

 ここではその「肉」と「身」の違いについて解説します。
 それぞれ全く違うものを指しますので注意をしてください。

 今回は食べ物の観点から述べますので、筋肉や脂肪などの話は除外します。

肉(にく)

 単に「」と言えば、牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉を指します。
 (日本では一部の地域を除き、羊肉はほとんど食べられません。)
 特別ではありますが、ワニ肉、ラクダ肉、蛇肉、ネズミ肉…という言葉もあります。
 日本人は基本的にこれらを食べませんので、使用頻度は低いでしょう。

 「この肉美味しい! なんの肉?
 このような話をする時は、まず間違いなく牛肉、豚肉、鶏肉…のいずれかです。
 魚肉という言葉もありますが、これと肉は会話上では明確に区別されます。

 

身(み)

 「身がぷりぷりしている
 「新鮮な身

 このような会話文はよく使われます。
 このが指すものは、そのほとんどが海産物です。
 魚、蟹、海老、貝、ウニなど…
 魚の肉、蟹の肉、海老の肉などという日本語は存在しません。全て「身」と言います。

 そのため刺身、赤身、白身は全て魚に対する言葉です。

 ※ただしイルカや鯨、サメは例外的で、「身」は使いません。
 イルカの肉、鯨の肉、サメの肉と言います。
 日本ではイルカの肉は通常食べません。

 

実(み)

 「み」繋がりでもう一つ話しますが、「」もあります。
 これは植物の種や果実を指します。
 例えば、椰子の実、林檎の実、桃の実などと使います。
 しかし通常会話では「この林檎おいしい」「この桃おいしい」と使われ、実際「~の実」と言われるケースはありません。

 
 
 調べればもっと詳しい違いがあるはずですが、この程度の違いを覚えておくだけでも会話では十分だと思います。

 「」は地上の動物
 「」は海の生き物
 「」は植物や果物

 こう覚えるといいと思います!
 

日本語コラム

 音と声。
 学生がよくこの2つを使い分けられないのを何度も見てきました。
 中国語ではこれら二つを「声音(sheng yin)」と表現しますから、母語による負の転移だと言えます。

 辞書の意味を見てみます。

音(おと)

 音の振動によって生じた音波を、聴覚器官が感じ取ったもの。また、音波。

 足音、雨音、風音、川音、靴音、羽音、物音など…

声(こえ)

 人や動物が発声器官を使って出す音。
 喉から口を通って出る音。

 猫の鳴き声、歌声、産声、大声、小声、叫び声、涙声、鼻声、話し声、呼び声、笑い声など…

 「声」は分かりやすく、人や動物が喉などを使って出すものです。
 一方「音」はそれ以外。何かの物体、あるいは物体同士が空気を振動させて出すものです。

 軽い練習問題を用意しました。回答は一番下です。

 【問1】彼は大きな ( 声 / 音 ) で叫んだ。
 【問2】風が吹きつける ( 声 / 音 ) がする。
 【問3】どこかでお金が落ちた ( 声 / 音 ) が聞こえた。
 【問4】遠くで犬が鳴いている ( 声 / 音 ) がする。
 【問5】雷が落ちる ( 声 / 音 ) は怖い。

 動物なら「声」、それ以外なら「音」。
 違い自体は単純明快ですね!

 ただし「声」の時はやや注意してください。

擬人化の用法

 ・風の声が聞こえる。
 ・天の声に従う。

 動物ではないものを擬人化して「声」と表現する。
 詩的な表現になりやすい。

人間とみなす用法

 ・幽霊の声がする。
 ・人形から声が聞こえる。

 神、AI、ロボットも同様です。
 発声器官はありませんが、実際は人とみなします。

 
 
 ではこのような場合はどうでしょうか?

 部屋の中にあなたとあなたの友人がいます。
 友人は一人でパソコンしていて、誰かと通話しています。
 あなたはうるさくて仕方ありません。注意をしましょう。

  がうるさい! もっと静かにしてよ
  がうるさい! もっと静かにしてよ

 どちらでしょう?
 
 「声」と言えば、友人とその相手の声量を指します。
 「音」と言えば、パソコン自体の音量を指します。
 通常この場合は、「声がうるさい」という方が自然でしょう。
 通話ではなくゲームをしていれば、ゲームの「音」がうるさいので「音がうるさい」と言えます。

 分かりましたか?
 よく間違える方、ぜひ注意して使ってみてください!

 
 
 答え合わせ
 【問1】彼は大きなで叫んだ。
 【問2】風が吹きつけるがする。
 【問3】どこかでお金が落ちたが聞こえた。
 【問4】遠くで犬が鳴いているがする。
 【問5】雷が落ちるは怖い。