文法

説明

接続

 動辞形+にかたくない
 名詞+にかたくない
 

意味

 不难想象…
 不难察觉…
 很容易就…
 ~はそれほど難しくない
 

解説

 それほど難しくない、比較的容易等の意味があります。
 想像、想像する、察するなどのごく一部の単語にのみよく接続されます。
 

例文

 (1) それが事実だとすれば、遠からず良くない事が起こることは想像に難くない。
 (2) 手間がかかるのは想像に難くない。
 (3) この先の人生の難しさは察するに難くない。
 (4) 監督の采配に問題があったことは想像に難くない。
 (5) 今思えばそれが少年にとって重荷だったことは想像に難くない。

 

備考

 特になし

文法

説明

接続

 名詞+にかまけて
 

意味

 忙于…
 

解説

 あることだけに気を取られて、それ以外の事がおろそかになっていることを表します。後項では本来しなければならないことができなかった等の悪い結果がきます。
 「忙しさにかまけて」という言い方はよく用いられます。
 

例文

 (1) 本番は明日なのに、忙しさにかまけて練習できていなかった。
 (2) 大人になると日常にかまけて様々な事から逃げてしまっている。
 (3) 部活にかまけて勉強を疎かにしてはいけない。
 (4) 子育てにかまけて家事にまで手が回らない。
 (5) 仕事にかまけて趣味に費やす時間もない。

 

備考

 特になし

文法

説明

接続

 名詞+にかこつけて
 名詞+を口実に(して)
 

意味

 以…为托词
 以…为借口
 ~を理由にして
 ~を利用して
 

解説

 前項では何らかの理由がきて、後項ではその理由を利用した本来の目的ではない別の動作が行われます。表向きの理由は別にあり、前項で述べられたものは口実に過ぎません。
 この文法の最も注意すべき点は、前項に来る理由は口実にしているだけで嘘ではないことです。
 

例文

 (1) 人の誕生日のかこつけてケーキをたらふく食べる。
 (2) 暴動にかこつけて店から金品を盗み取る。
 (3) 寒さにかこつけて欲しかった服をたくさん買った。
 (4) 出張にかこつけて観光を楽しんできた。
 (5) 性差にかこつけて不当な権利を主張する。

 

備考

 特になし