冬休みを満喫してます~

 冬休みはあと1ヶ月ありますが、この長期休暇はいつにも増して授業の準備を徹底している気がします。理由の一つは、来学期は1年と2年の会話のみ担当することになっているから何を準備すべきか明確だから。もう一つは、2年経ってようやく私の授業のスタイルが定まってきたから。思いついたネタをそこに落とし込んでいくという作業にだけ集中すればよくなりました。これには大きな進歩を感じてます!

 思いついたネタはめちゃくちゃあるんです。正直なところ有り余っているくらいです。でも、思いついたからといってそれが実現できるかどうかはまた別の工夫が必要なんですよね。教案を考える過程で一番楽しいのはここだと思います。こうすれば面白いかなーとか想像しながら、想像の中で私が楽しめたのなら、授業も不思議とうまくいきますね!

 来学期、実は、日本語教師としての壮大な目標があります。2年経ちましたのでそろそろ何か大きなアクションをしていきたい! そんなことを考えてもう1か月くらい。大まかな構想と方針はまとまって、嬉しいことに全面的にサポートしてくれるという学生もいます。具体的なことはまだ秘密なんですが… 少なくとも中国の日本語教師の中でこのような方面に力を入れている方は存じ上げません。だからきっとチャンスはあるはずなんです!

 とにもかくにも、まずは勉強ですね。今年は本当に、今までにないくらい頑張ります。

日本に行くとき、タトゥーしてても大丈夫?

 「タトゥーを入れることは、日本に留学することに何か影響がありますか?」
 
 さっき1年生から質問が届きました。
 なるほど… なかなかシビアな問題ですね。

 東京オリンピックを3年後に控えて、これから外国人観光客はもっと増加します。タトゥーが刻まれた外国人観光客が温泉に入る際にトラブルがあったというニュースも最近見ましたし、この辺りの対策が急がれているみたいですね。

 事実、日本ではタトゥーに関するイメージはあまり良くありません。今ではファッションの一部にもなっているようですから一概には言い切れませんが、未だに反社会勢力のイメージを払拭しきれていない感じがします。私が毎日行く温泉にもタトゥーが入った方はお断りする旨の貼り紙が貼られていますしね…。タトゥーの印象が悪いのは日本だけではなく中国も同じです。ただ、日本は温泉という特別な文化がありますから、特に議論の対象になるのでしょう。

 意図的に見せつけたりしたらさすがに影響はあるかなと思いますが、でも結局個人の自由に収まるはずですよね。

ローソンATMで中国建設銀行のカードを使う!

 日本にいる時はよくローソンATMで中国建設銀行のカードを使ってお金をおろしたりします。
 そういえば手数料とかどのくらいかかるのかなーって案外知らなかったので、今日ちょっと調べてみました。

 引き出せる最高額が5万円。ですから5万引き出してみましたら…

 残高は50876円減っていました。つまり手数料は876円ですね。
 ちなみに下ろした1月6日の中国建設銀行の日元レートは0.0603 / 16.5837。
 876円はおよそ52.82元くらいでした。

 ローソンATM側の手数料は無料、中国建設銀行側は1回12元+引き出し金額の1%だそうですが、何度計算しても52元と合わないですね…。もしかしたら変わったのかも?