日本語教師のお仕事

 昨日の2年ディベートの授業で少し注意をしました。いくつかの問題が出てきています。

 2年生の5~6人くらいの学生はディベート中にメモやスマホを見ずに自分の言葉で話すことができるのですが、それ以外の多くの学生はいまだメモやスマホの翻訳機能をばっちり使って読み上げています。前者は問題ありませんが、特に後者のやり方は即興力が養えないので会話能力の向上が見込めません

 また、翻訳された日本語は機械的すぎて不自然かつ未習でレベルの高い語彙が含まれることから、読み上げたところで相手も理解できません。結局それを中国語で翻訳することになります。これではせっかく日本語でディベートしているのに意味がありません。

 スマホを使うなというわけではなく、翻訳がダメということです。分からない単語一つを調べ、そこから自分が身につけた文法にはめ込んで発話する。このような方法が望ましいです。

 学生たちが自ら生み出した日本語は比較的簡単な単語や文法で構成されます。そのような文は相手も理解しやすく、母語の通訳が必要なくなります。やはり自分の言葉で話すことがこの問題を解決する最善の方法だと思われます。

 現状はディベート中随時母語による通訳を介するため、30分のうち15分くらいは中国語を使っています。この15分を日本語で話せるようになったらどれだけ有意義になるでしょうか。

 
 3年前期のディベートでこのような問題はありませんでした。2年後期ではまだディベートするための基礎的な能力がまだ備わっていないということが分かりました。しかしそれでも数人は完璧にできているので、他の人もその後を追うように頑張って欲しいと思います。少し難しいと感じるくらいの内容だと、こっちとしてもやりがいがありますね。

中国での生活

 挨拶は重要です。
 こんな簡単なこともできない大学生がいるのも事実で、すれ違った時に笑顔で手まで振ってくれる人もいれば、「こんにちは」の一言も出ずに立ち尽くしたり、見て見ないふりをする人までいます。別に笑って手を振る必要もないですが、せめて一言くらい聞きたいですね。

 この写真を撮ったのは以前日本語コーナーで知り合ったと思われる別の専攻の学生なのですが、遠目から私たちが会話している様子を盗撮してわざわざ私に送り付け、「先生、こんにちは」と言ってきます。これが実は2度3度と続いていて、なぜこんなことをするのかと憤りを感じています。

 会話中であることに気を遣って直接言いに来ないのは理解できますが、写真を送りつけるとは一体どういう神経をしているんでしょう。
 その人とは1度も会った事がなく、誰かが彼女に私の連絡先を教えたのでしょう。ですから顔も名前も知りません。だったらなおさら直接挨拶しに来て欲しいものです。

 

中国での生活

 日中は15度~20度くらいまで上がり、すっかり春めいてきました。大学構内に桜はありませんので、それに似たピンクの謎の花をバックにした自撮りが人気です。

 そういえばここ4年間は桜を見ていませんので、機会があればという感じです。
 でも桜を見るためだけにわざわざ北京に行くのも億劫。こんな性格だから4年も見ていないんでしょう。

 ここの春は一瞬、あと1ヶ月もすればまたあの地獄のような暑さがやってくると思うと嫌気が指します。