日本語コラム

「0」に関する言い方

携帯番号は「ゼロ」

 携帯番号を読み上げるときは「0」は「ゼロ」です。090を「れい きゅう れい」と読むのは聞いたことがありませんが、もしかしたらかなり少数派でいるかもしれません。
 なお、4は「よん」、7は「なな」、9は「きゅう」です。それぞれ別の言い方が用いられることはありません。
 携帯番号は3桁-4桁-4桁で構成されていますので、読み上げる時はその括りはひとまとまりとして読み、「-」で一呼吸置きます。

090-1234-5678
090  (ぜろ きゅう ぜろ)
1234 (いち にー さん よん)
5678 (ご ろく なな はち)

 

教室や部屋などは「マル」

 アパートやマンションの部屋、教室など、例えば「301号室」などと「0」が含まれる場合は「マル(丸)」と読みます。
 108号室は「いち まる はち ごうしつ」です。
 図形の丸と「0」の形が似ていることから、この読み方が使われるようになったと思われます。

 405号室 (よん まる ご ごうしつ)
 203教室 (にー まる さん きょうしつ)
 301の住人 (さん まる いち のじゅうにん)

 

小数点は「れい」

 少数の時の一の位は「れい」と読まれます。
 小数点以下の0は「れい」でも「ゼロ」でもどちらでも構いません。
 0が連続する場合は、「れい」を繰り返すケースが多いようです。

 0.34 (れい てん さん よん)
 0.005 (れい てん れい れい ご)
 2.03 (にー てん れい/ぜろ さん)

 

その他の「0」について

 時間は「0時(れいじ)」
 点数は「0点(れいてん/ぜろてん)」
 温度は「0度(れいど/ぜろど)」
 金額は「0円(ぜろえん)」
 回数は「0回(ぜろかい)」

 

物を2つずつ数えるときの言い方

大きく分けて3種類ある

 1つずつ数える方法だけではなく、2つずつ数える方法もあります。
 その場合は2、4、6、8、10と偶数で数え、10まで来るとまた2へ戻ります。
 この時の言い方が場所によって異なるのですが、日本では大きく分けて3種類あります。

 2  4  6  8  10
 にー しー ろー はー とー
 にー しー ろー やー とー
 にー しー ろー ぱー とー

 8の読み方が微妙に異なるだけで大体同じです。
 もし日本語学習者が使う場合は、上記の3つのうちいずれかを使うといいでしょう。
 最も使われているのは「にーしーろーはーとー」でした。(私調べ)

 その他もっとローカルな言い方もあるようです。

 2  4  6  8  10
 にー しー ろー はー じゅー
 にー しー ろく はの じゅー
 にー そー ろく はの とー
 にの しの ろの やの とう

 
 数字にまつわることについて2回に分けて書きました。
 以上です。

日本語コラム

 日本語の数字には学習者を悩ます理不尽なところが多くあります。
 実際数字に関係する内容を教えるときは細心の注意を払わないと混乱を招きますし、統一した言い方があればいいんですけどね…

 ということで数字に関係する言い方をざっと集めました。
 複数回に分けて紹介したいと思います。今回はその1回目です。

数える時の日本語

数え上げるとき(カウントアップ)

10
ぜろ いち さん よん
ろく なな
しち
はち きゅう
じゅう

 日本語で数え上げる時は特に注意することはありません。
 4は「よん」でも「し」でも構いませんし、7も9もどちらでも良いです。
 数え上げるときに通常0は言いませんが、もし言うとすれば「ゼロ」です。このとき「れい」は一般的に使われません。

 

カウントダウンのとき

10
じゅう きゅう はち なな ろく よん さん いち ぜろ

 カウントダウンでは使われる言い方が固定的です。
 9は必ず「きゅう」、7は「なな」、4は「よん」、0は「ぜろ」です。
 それぞれ「く」「しち」「し」「れい」を使うと明らかに間違いです。

 

個数を数えるとき

10
ひとつ ふたつ みっつ よっつ いつつ むっつ ななつ やっつ ここのつ とお
ぜろこ いっこ にこ さんこ よんこ ごこ ろっこ ななこ はっこ きゅうこ じゅっこ
じっこ

 何か物の個数を数える時は2種類の言い方があり、「~つ」と「~個」です。

 「~つ」は0がありません。そして1から10まで例外的な使われ方をします。よく学習者が覚えるのに苦労する部分です。
 11以上で「~つ」の言い方はありません。11以上の数を数えたい場合は「~個」を使います。

 「~個」は0があります。「れいこ」はあまり聞かず、通常「ぜろこ」と言います。
 「1個」「6個」と「8個」は発音が変わり促音が含まれますので注意が必要です。
 「~個」には数えられる限界がありません。

 

年齢を数えるとき

0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10歳 20歳
ぜろさい
れいさい
いっさい にさい さんさい よんさい ごさい ろくさい ななさい はっさい きゅうさい じゅっさい はたち

 年齢の場合、特に注意するべきなのは「1歳」「8歳」「10歳」です。
 それぞれ発音が変わって促音が必要になります。
 20歳は「はたち」と呼ぶのが一般的です。ただし「にじゅっさい」でも間違いはありません。

 

カレンダーの読み方

 「~つ」と同じく1から10までは例外的な読み方をします。
 「14」「24」は「じゅうよっか」となります。「じゅうよんにち」「じゅうしにち」とは言いません。
 「19」「29」は「じゅうくにち」です。「じゅうきゅうにち」「じゅうここのか」は間違いです。
 年齢と同じく20日は「はつか」と呼びます。「にじゅうにち」というのは間違いです。

中国での生活

 中国の大学生活であれば仕事柄よく理解しているつもりなのですが、高校時代となると全く分かりません。
 学生から聞いた断片を繋ぎ合わせてどんな感じなのか想像するに留まっています。
 今日もその高校時代の話がありまして、意外な風習が垣間見えてきました。

 中国の高校では原則として恋愛禁止です。
 でも彼女が欲しいという男子学生は当然います。年頃ですからね。
 その彼女が欲しいという理由について、持論を述べた4年生がいました。

 中国の高校・大学ではそのほとんどが寮生活で、洗濯をするのにも洗濯機がないので今でも手洗いでします。
 女子学生はともかく、高校時代の男子学生は洗濯が面倒とかそのような理由で長い時間洗濯しないそう。

 ですから自分の服を彼女に洗濯させるために彼女を作るという男子学生がいるとか。
 にわかには信じられないのですが、かなり熱弁をふるっていたので本当なんだろうと思います。
 「私の服を洗ってほしい」という言葉が間接的な告白のフレーズとして扱われることもあるみたいです。

 4年生のある女の子はそれを「ひどい」と一蹴。
 そんな理由で彼女にされたらたまったもんじゃないと言ってました。

 あの年齢の男子学生が彼女を作りたいと考える理由はそれ以外にもいくらでも思い浮かぶものですが、所違えば考え方も違うんでしょう。
 今度から男子高校生の服を注意深く見てみることにします…。