平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(7)解説

 平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(7)は【「うちに」の用法】の問題です。

 「うちに」と「間に」の用法が似ているのは有名な話ですので、この問題を見た瞬間「間に」に言い換えてみたくなります。しかし、言い換えてみても全ての選択肢に違和感はありませんでした。この方法では答えに辿り着けません。

 1 ◯必死で勉強している間に、中国語が話せるようになった。
 2 ◯社長が居眠りしている間に、仕事を片付けてしまった。
 3 ◯公園でぼんやりしている間に、憂鬱だった気分も晴れた。
 4 ◯丁々発止の大論戦をしている間に、妥協点が見えてきた。
 5 ◯何度も取材をしている間に、真相が明らかになってきた。

 次に、「うちに」は後件に意志動詞が来る場合、「その時間内で後項の行動を終わらせてしまいたい」というニュアンスが含まれます。無意志動詞の時はそのようなニュアンスは含まれません。

 (例) 子供が寝ているうちに、家事を済ませる。

 1 後件は無意志動詞
 2 後件は意志動詞でニュアンスあり
 3 後件は無意志動詞
 4 後件は無意志動詞
 5 後件は無意志動詞

 2は「社長が居眠りしている時間を利用して仕事を片付けたかった」というニュアンスがあります。ですから答えは2です。

 他の解説されてるサイトを見ますと、「うちに」を「~したら」に言い換えていました。
 この言い換えも上記のニュアンスと関係したものです。

 1 ◯必死で勉強していたら、中国語が話せるようになった。
 2 ✕社長が居眠りしていたら、仕事を片付けてしまった。
 3 ◯公園でぼんやりしていたら、憂鬱だった気分も晴れた。
 4 ◯丁々発止の大論戦をしていたら、妥協点が見えてきた。
 5 ◯何度も取材をしていたら、真相が明らかになってきた。

 したがって答えは2です。

 参考:【N3文法】~うちに/~ないうちに/~ているうちに/~ていないうちに





2020年7月11日平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説