平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(1)解説

(1)かんしゃ

 声帯振動がなくなって「かんしゃ」になる誤りです。(有声音の無声化)

 1 [ɾ]→[n] 調音法の誤り
 2 [d]→[t] 有声音の無声化
 3 [g]→[k] 有声音の無声化
 4 [b]→[p] 有声音の無声化

 選択肢1は有声歯茎弾き音が有声歯茎鼻音になってます。調音法が違うので、他の選択肢とは性質が異なります。
 したがって答えは1です。

 参考:母音と子音の分類とIPA表記





2020年9月17日平成28年度, 日本語教育能力検定試験 解説