平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(5)解説

(5)借用における文法形式の脱落

 造語法の一つに借用というものがあります。これは他言語から取り入れて新しい語とする方法のことです。こうやって使われるようになった語は外来語って言います。

 一応造語法一覧を書いておきます。

合成法 複数の形態素を結合する方法。 ゴミ箱、大教室、スマホケース
転成 既存の語の品詞を変えて新しい語を作る方法。 暮らし、物語、話
省略/縮約 既存の語を省略・縮約して新しい語を作る方法。 就活、日ハム、ハガレン
借用 他言語から取り入れて新しい語とする方法。 テレビ、メモ、マスク
混交/混淆 複数の既存の語の一部を取って1語とする方法。 「やぶる」と「さく」から「やぶく」を作るようなこと。
逆成 既存の語を派生語と見なし、その語末を派生接辞を捉え、それを切り離して新しい語を作り出す方法。日本語ではほとんど例がない。 「もくろみ」から「もくろむ」
文字・表記 百から一を引くと99になることから99歳を白寿、八十八を組み合わせると米になることから88歳を米寿とするなど、既存の漢字を分解して言葉を作る方法。また、ローマ字表記の頭文字を取ってTシャツやYシャツなど新しい言葉を作る方法。

 とりあえずそれぞれ英語に直してみます。

 1 mashed potato
 2 chiffon cake
 3 smoked cheese
 4 iced coffee
 5 scrambled eggs

 選択肢1、3、4、5には受身を表す「ed」があります。でもこれはカタカナにするとき脱落して読まれません。

 1 マッシュドポテト ⇒ マッシュポテト
 3 スモークドチーズ ⇒ スモークチーズ
 4 アイスドコーヒー ⇒ アイスコーヒー
 5 スクランブルドエッグ ⇒ スクランブルエッグ

 選択肢2は全部読まれます。
 したがって答えは2です。

 この問題、日本語の試験なのに英語の問題っぽくて嫌いです。





2020年9月15日平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説